FC2ブログ

orb

アニメとGAMEとマンガな日々

ゲヘナ 見てきた  



「ゲヘナ」見てきました。
片桐裕司氏初監督作品、キックスターターで資金を集めて製作されたホラー映画です。
前からちらちら書いていますが、監督の片桐さんとは古い知り合いで、私がアメリカにしばらく滞在した時、友人を介して知り合いました。
当時はそんなすごい人だとはまったく知らず。
「AI」やら、「パシフィックリム」やら、我らが「バトルシップ」やら、「パイレーツオブカリビアン」やらの製作に参加していて、スピルバーグ、キャメロン、デルトロなどなど、有名監督から指名されるほどの有名クリエイターです。
深夜近くのロスで、コーヒー飲みながら、「俺、ホラー映画の監督になりたいんだ」と言っていた夢、叶えましたよ、彼は。

ホラー映画大好きな私、基本、たいていのホラー映画が怖くないという悲しいホラー耐性があるため、「ゲヘナ」も怖がることなく見ることとなりましたが、身びいきなく、よく出来た映画と思いました。

冒頭は、ホラー映画あるあるな、白人有力者が無理くりいって、古の場所に足を踏み入れちゃう。
それが開始の合図です。
サイパン島を舞台にしていて、その場所がかつて、日本軍が基地にしていたことがわかりますが、幽霊みたいな老人に遭遇し、いったい何が起きてるんだ!ってなったところで、ホラー開始のゴングが鳴ります。

何が起きるかわからない、そこが何だったのかわからないってのが、この映画のホラー部分になります。
次々起きる意味不明な怪奇ですが、物語が進んでいくうちに、それがどういう意味なのか、じょじょにわかってくる感じ。
そしてラスト、びっくりするような展開が待ち受けています。
いやこれ、直前に気がついたんだけど、思わず膝を打ったね!
それを知ってから全部を思い返すと、ラストが実は、恐怖の始まりだったってことがわかる展開。

身びいきなしで書くつもりなので、ネガティブな方も書きますが。

ホラー映画、怖がらせようとしていろいろやって、でもその恐ろしさが何に由来するものなのかをしっかり描かないことで、多くは失敗して、「はぁ???」ってことになってしまうものが多いです。
なので、着想はよかったんだけど、あまりにずさんな物語で、見ている人の恐怖のインパクトを劇的に削いで終わっちゃう。
恐怖の根源は、別に得たいの知れないものでもいいし、意味のつかないものでもいいんだけど、それなりの軸がないと、「はぁ???」になってしまいます。
「ゲヘナ」は、そのぎりぎりのラインを、ものすごく上手く回避した映画と思いました。
途中、わけわかんない部分がありました。
私だけかもしれないんだけど、なんで???ってなっちゃって、考えているうちに恐怖感は確実にそがれてしまいまして。
もしかしたら、恐怖を感じさせるためにいれたかったものがありすぎて、いっぱいだったのかもしれないなぁと、終わった後思った次第。
ちなみに次の日にネット負リックスで「ホーンテッドサイト」を見たんですが、まさにそういうだめポイント、だめルート踏襲で、意味わかんないし、全然怖くないんですけど?な映画になってました。
「ゲヘナ」は、基本設定がかなりしっかりあるので、ラストまで見ると、ある程度、意味わかんなかったものが回収されます。

チャモロ人の聖域であり、呪われた地って設定がポイント。
それから、ヒロインがきーきーきゃーきゃーやらない冷静な人なのも、とてもよかったです。
どなたかが感想に、「日本のホラー映画のようだった」とありましたが、片桐氏が自主制作していたホラー映画をいくつか見せてもらっていますが、彼は基本、日本のホラー映画のテイストの作品が多いと思うので、その意見はかなり的をいているじゃないかと。
なので、死生観が日本的なので、この映画、西洋人には新しい恐怖タイプなんじゃないかなーと思いました。

帰り、ぺぺとデイブ役の方がお見送りしてくださいました。
みんなに撮影、サインを求められている片桐さんの横を、すすーっと通り抜けて帰ってきてしまったのですが、あとで本人に「声かけてくれればよかったのに」と言われまして。
いやぁ・・・私、そういうのだめなんだー(笑)
なので、メールで暑苦しい感想を送りました。

片桐氏、長い年月はかかりましたが、夢を叶えた人です。
素直にすごいなと思います。
それまでの努力や苦労など、本人や彼を知る人からいろいろ話しを聞いています。
たゆまぬ努力、くじけぬチャレンジスピリッツ、そしてけっしてあきらめない気持ちがあったからこそ、夢を叶えることができたんだなと思いました。
ここからの彼の活躍も、ずっと応援したいと思っています。

スポンサーサイト

Posted on 2018/08/05 Sun. 20:15 [edit]

category: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4696-4b68ae69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ブログ検索

カレンダー

カテゴリー

コメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

お薦めアイテム


▲Page top