FC2ブログ

orb

アニメとGAMEとマンガな日々

いろいろろろろろ~♪  

今週1週間、毎日残業で、ゲームどころか、まともに夕食食べることすら出来ませんでした。
金曜日、「くっそ!定時で帰りたいんだよ!」と言いながら仕事してたら、「俺もー」「僕もー」とか、周囲が言い出した。
そう言ってる全員、残業でした。

今いる会社は、世界トップレベルの投資銀行とか言われてるらしいんですが、社員が経済報道関係にふつーにばんばん出てたりしています。
上司Cには、ばんばん取材もはいってて、セッティングは私がやってますが、ビジネス関係のインタビューとか取材とかって、ファッション関係とかと違って、わりと簡単に出来るんだって印象。

あと、プライベートジェット対応も慣れました。
この間なんかね、いちばんえらい人が来たんですけど、自分のプライベートジェットで来てたよ。
私物かよ!!!
先日は、有名(らしい)なロビイストのおっちゃんが来ていて、私の隣の部屋にいました。
アルカポネみたいな感じで、のびたに「なんかやらかしたら消されそうな気がする」と言ったら、半日彼に同行したのびた、「全然違いますよ!あの人、ご飯はバーガーとかそういうジャンクしか食えねー、ふつーのアメリカ人のおっちゃんです!」と言っておりましたが、ふと見たら、お部屋で居眠りなさっておられました。
なんかもういろいろ、トランプと意見交換しただの、新聞一面トップの世界的会議のために資料提出しただの、ふつーに聞かされるので、麻痺して驚かなくなりました。

もういっこ、金持ってる人たちは違う・・・と思ったのは、食生活。
グルメで有名な、都内高級レストランや料亭では名の知れたお方が会社にいらっしゃいまして。
ある時、会食で場所に困り、「彼に相談するといい」と言われたのでおうがいしたところ、教えてくれたお寿司屋さん、全部平均価格五万円だった。。。。。。。

五万出せば、どんなものでもうまいがな!!!

その方とか上司Cが接待で使う店とか見てると、巷、我々庶民のレベルではあまり知られていない店が多いです。
だがしかし、そっちの界隈(年収数千万、億)な皆様方には、なじみの店らしい。
まー、ふつーは払えなからな、あの値段。
バブリーな人とかキラ女子とか、なんちゃってセレブがあげてるような店は、彼らはまったく行きません。
中には、私でもいかれるような価格帯のお店もありますが、きっと予約なんて取れないでありましょう。
ちなみに、のびたと私は、「回ってるお寿司だっておいしいよね」と、先日語り合っておりました。

今の会社にはいって知ったのは、港区と千代田区の高層マンションには、金融業界で働く人たちがごそっと住んでいるって事実。
ある程度のタイトルがつくと、会社が住宅費出してくれるってのもあるんですが、若手も近くに住んでいるのは、深夜近くまで仕事することが多く、タクシー帰宅できる範囲に住んでないと死ぬ・・・という物理的な問題もあります。
かの、ゴールドマンサックスにいた人は、二十代前半で入社してすぐ、上司に「通勤してる時間なんてないから、会社から徒歩圏内に住め」と言われたそうです。
ゴールドマン、六本木ヒルズにあるので、その界隈っていえば、家賃高いんですけども。

未だあこがれる人も多いらしい海外出張ですが、上司Aとか、今週NY、来週もまたNYです。
週末いったん返ってくるから、短期間で二度行く。
彼は時差ぼけする人なので、けっこう大変。
聞いたところによれば、この業界でも二十代は海外出張大好きらしいですが、その後は「できればいきたくない」になるらしい(笑)
最近はいったY君26歳も、ビジネスクラスじゃないって文句たれてて、まぁ、実際機内でも仕事するので、上司Cがビジネス使っていいよと承認だしてました。

いろいろな業界で仕事したけど、外資金融って確かに金もってんなーと、しみじみ。
以前知り合いが、ヨーロッパ系の銀行に勤めていたんですが、いきなりやめちゃったときがあり、どうしたのかと思ったら「四六時中、金もうけの話ばっかりでうんざり」って言ってましたが、なんとなくその気持ちもわかります。

頭のよい、仕事無茶苦茶できる人ばかりなので、仕事以外で気を使わなければならない部分はほとんどなく、クソみたいなこともないんですが(みんな忙しいから)、女性は圧倒的に性格きつい人が多く、見えない部分での駆け引きも多いので、気がつくとざりざり削られております。
みんなでけっこう楽しくやってはいますが、ある部分から、どの人に対しても絶対に信用しちゃいかん、心許してはいかん!みたいなもの、普通の会社よりもかなり厳しくある感じ。
刺激的で面白い仕事がたくさんあるし、会社の雰囲気もいいですが、エッジがすさまじく立っているので、ずっと張った糸状態になってる感じ。
私の場合、それでも上司ABとのびたが、仕事外ではかなりゆるく、ものすごーくカジュアルで、時々4人で冗談かましながらおしゃべりしたりするので、そういうところでふっと気を抜けたりしてるんだと思います。
けど、そんな彼らでも、状況によっては、ぎらりと刃物を見せてる時があるから。

金曜日、「早く帰りたいー、今週全然ゲームできてないー、私、このままだと死んじゃうー、死ぬー」と言いながら仕事していたところ、上司Bが「そこの壁にかかってるスクリーン、ITの人に頼んで、ゲームできるようにしてもらったらいいんじゃない?」とか言い出し。
「そしたら昼休みもできる!!!」と私がきらきらした所、「それ、会長室から丸見えですよ」とのびたが言い、すばらしいアイディアはなし!になりました。
その上司B、フィギュアスケートをやっていたそうで、「え!!!じゃあ、ジャンプできるの!!!」と聞いた私に、「飛べたけど、今は飛べないよ」と言いまして。
「すごい!!フィギュアジャンプ飛べる上司なんて、初めてだ!!!」と騒ぐ私に、「そんな人、ふつーいないでしょ」とのびたがツッコんでおりました。
まぁ、いないわな。

スポンサーサイト

Posted on 2018/06/23 Sat. 09:55 [edit]

category: 近況

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4688-cc7f693a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ブログ検索

カレンダー

カテゴリー

コメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

お薦めアイテム


▲Page top