FC2ブログ

orb

アニメとGAMEとマンガな日々

スタイリッシュに復活 ~デビルマン クライベイビー  



いまさらネタバレも何もないと思うので、このまま感想書きます。

デビルマン、新作アニメで復活、原作にある物語しっかり映像化でした。
そう、あの衝撃の部分もがっちり、映像化されています。

ただでさえ規制が厳しい今、あの物語を映像化するには、デビルマンの物語ではなく、描写を大きく変えてきました。
POPでスタイリッシュ、かなりデフォルメ化しています。
その分、容赦ない描写が山ほど。
いやぁ、やってくれたわ。
こういうやり方があったんだ・・・って思いました。
その分、永井豪の毒々しさ、荒々しさはきれいさっぱりなくなってしまっています。
原作ファンには、どう受け入れられるかは、ちょっとわからない。

えげつない人間描写が延々。
いわゆる欝展開がすごいです。
魔女裁判的に、「お前、悪魔じゃないのか?」で拷問、殺害が平然と行われ、悪魔認定した人間には何やってもいいという状況がエスカレートしていく様が、いやってほどに丹念に描かれています。
歴史的に何度も繰り返されている事だけれど、これをここまでえげつなく描いたアニメはなかったんじゃなかろうか。
すべての毒を抜いて描かれているのに、見ているうちにげんなりしてきます。
それくらい、見えない毒がすごいってことなのでしょう。

飛鳥了が、完全にBL展開でした。
不動明のことが好きだった、独占したかった、自分のものにしたかったって設定になっています。
彼が、無意識に、でも意図的に人間を滅ぼそうとしたって話になっているので、この物語、人間性に目覚めたサタンが、最も人間らしい独占欲にまみれた恋愛感情で暴走するって感じにも、見えなくもない。
明さえいればいいって、彼の大事なものを奪い、壊し、彼のために世界すらも壊してしまうって、いやもうすげーよね!!!

美樹が、原作よりもずっと立ったキャラになっています。
それはよかったんですが、いちばん盛り上がる例のシーンに至るまでのあたり、正直、うざかった。
きれいで清廉で穢れを知らず、優しさだけで出来た人間って感じですが、この状況でこれ、自分だけは絶対大丈夫!って信じ込んでるアタマオカシイレベルの自信満々なお姫様思考にも見えなくもない。
結局、もちろん殺されるんですが(しかも殺害シーンもちゃんとある)、このあたりの前後、一部の人間がデビルマンによって、自身のやってることに気づいて改心するところとか、私の苦手な、お涙頂戴「いやねーよ!こんな子供だまし」なエピソードで、個人的にはちょっと残念でした。

ひじょうによく出来てます。
面白い。
しかし、永井豪の描いたあのデビルマンではありません。

いやしかし・・・このアニメ、ほんとに大量の殺害シーン、暴力シーン、セックスシーンあります。
よくぞやってくれた!と、そこはものすごく評価したい。


スポンサーサイト

Posted on 2018/01/20 Sat. 08:43 [edit]

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4650-637cced8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ブログ検索

カレンダー

カテゴリー

コメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

お薦めアイテム


▲Page top