orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

2017年映画まとめ

昨年は、例年以上に映画見てました。
Netflixのおかげもありますが、わりとこまめに劇場に足を運んでもいました。

私、アメコミ系の映画は基本あまり好きじゃなくて、トランスフォーマーみたいなのも、あまり見ません。
で、2017年映画のまとめ。

大評判だった「ラ・ラ・ランド」、色の使い方や音楽は素晴らしいと思いましたが、評判ほどのすごさは感じず。
最終的には、大成功して過去をすっかり脱却してる女と、彼女を忘れずにいた男の過去の恋愛の話って感じで、話としては「うーん・・・」でした。

ゲームから出た映画「バイオハザード ザ ファイナル」「アサシングリード」「Halo4」「バイオハザードヴェンデッタ」、どれも面白かったです。
ゲーマーじゃなくても楽しめるけど、ゲームやってたらもっと面白い。
映画としては、どれも佳作の域を出ることがないのが残念。

Netflixで良かったのは「ファイナルアワーズ」「ステイクランド」「ホワイトヘルメット」「最期の祈り」「ポーズ!」。
「ファイナルアワーズ」は、隕石がぶつかって地球は滅亡するってわかった最後の日、ひとりの男がどうするかを描いた映画でしたが、これがものすごくよかった。
恋人ではない女性とセックスの後、地球滅亡を知った男は、恋人のところへ向かうのですが、その途中で少女を助けます。
どーせ死ぬならやりたい放題!って連中が、その子をさらって輪姦しようとしていた。
助けた少女のお父さんを探しながら、ふたりは車であちらこちらいきます。
男の恋人の家に行き、男の母親に会い、そして少女の父親がいるであろう、少女の叔母の家に行く。
最後の瞬間、誰とともにいますか?という、SFの世界では常套になってる素材を、ものすごくきちんと描いた映画でした。
去っていく男を見送る少女と、走り去りながら号泣する男のシーン、見ていて声あげて泣きました。
2017年見た映画の中で、もっとも心に残ってるシーン。

すでに公開されてた映画ですが、「はじまりの歌」がものすごくよかったです。
大手音楽レーベルでデビューが決まった恋人についてNYにきた女性が、恋人の裏切りに傷ついていた時、知り合った落ちぶれた音楽プロデューサーに才能を見出され、ゲリラ的にライブを収録した音楽を配信し、その才能を開花させる話。
キーラ・ナイトレイがあんなに歌が上手いとは知りませんでした。
とにかく、隅から隅まですてきな映画で、DVD買ってしまおうとか思ってます。

2017年の10作は以下。

コクソン
ライオン
無限の住人
ドリーム
メッセージ
パトリオットデイ
ワンダーウーマン
猿の惑星 聖戦記
ダンケルク
ハクソーリッジ

2018年最初の映画は、「キングスマン ゴールデンサークル」になる予定。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4647-1d48d305