orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

あけまして

おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末はコミケでした。
初日の29日は、売り子のお手伝いもなく、買いたい本のジャンルでもなかったので、会社行ってました。
初日のコミケ、艦コレ、Fate、とうらぶ、ラブライブとかで、とんでもなかったみたいですね。
たつき監督や叶姉妹も出ていて、大盛況だったと聞きました。
たつき監督、けものフレンズからは事実上離れることになったそうですが、撤収の時に周囲から、「たつき監督、ありがとう!」という声があっちこっちから出たそうです。
泣くわ、それ。
私は遅いランチタイムでタイ料理食べてる真っ最中に、叶姉妹の通販開始を知り、ご飯そっちのけで申し込みしておりました。

残り両日は売り子参加でした。
2日目、なんと11時には一般入場開放になり、一般ではいった友人が「嘘かとおもったくらい、すいてた」と言っておりました。
お手伝いにはいった隣のサークルさん、顔なじみさんなのですが、BLマンガでプロデビューが決まったとのこと。
そんな話で盛り上がりました。
いつもの男幕に並んだ際、その隣のサークルについて男性陣が「あのサークルがシャッター前じゃないって、どういうことなんだ?」と口々に言っていたのですが、JUNEではよしながふみさんが、やっぱりシャッター配置ではなくなっておりました。
そのあたり歩いていたら、「矢野ちゃん!」と呼ばれ・・・見たら、ソムリエだった(笑)
列に並んでいた彼女、なんていうか、彼女とはそういうコミケ遭遇がやたらと多いです。
そして、そこでしか会わない(笑)

最近はもう二次創作はほとんど買わないのですが、おそ松さんの二期が、おもっていたよりふるわかなったことがけっこう話題になっているそうで。
爆発的大人気からだいぶ間があいてしまったこともありますが、個人的には、だめ男たちのリアルな生態に、女の子たちもさすがにもう「かわいい」とかいえなくなっちゃったんだろうなーと思っておりました。
馬鹿かわいいで済んでいた1期から、こいつらマジただの馬鹿でクソやんか!になった2期・・・ある意味、なんかその過程、リアル恋愛で、男の本性みるのと同じような気もします。

3日目も、なんか人少なくないか?とか思っていたら、11時半には一般入場開放。
えええ!男幕肉壁の日だよ?と、驚きましたが、実際、いつもの3日目より人が少なかったような。
同人も、紙媒体の時代が終わってきてるって意見もありましたが、どうなんだろうか。

評論、テレビ映画、創作少年、ミリタリーを見てまわりました。
ここ数年感じていた、同人らしい同人誌がなくなったなと、評論でしみじみ。
なんていうか、売れる本の作り方、売れる本になる素材や扱い、みたいなものが上手いサークルが増えた分、同人でしかない、同人でしか作れない本、みたいなものは、もうほとんど見なくなってしまった感があります。
なんか昔はもっと、「ええええええ!これで本、作ったんか!」みたいなもの、かなりあった。

ミリタリーではそういうのはまだあって、軍隊の勲章を歴史順、軍別に種類等をまとめた本とかがあったり、銃の分解写真をまとめた本があったりしました。

創作少年では、ずーっと応援していたホラーマンガを描く方が、やっぱりプロデビュー決まったそうで。
毎回買いにいってたから、さすがに顔を覚えられていて、記念のポストカードいただきました。
もうひとり、昨年冬に購入して、とってもよかったサークルさんがまた出ていらして、既刊全部買いました。
創作少年も、ストーリーもののサークルが激減していて、イラストのものがほとんどになっておりまして。
ストーリーでマンガ描かれている人は、コミティアとかにたぶん活動の場を移しているんじゃないかと。

そういうわけで、今回、予算以下でしか本買わなかったので、お金余りました。
あんれまー。

お手伝いにはいっているサークルさんも、顔ぶれが変わったなーと思います。
搬入搬出担当の”おにーさんず”は、最初のメンバーは全員、もうコミケには参加していません。
親の介護、仕事の都合で参加できなくなりました。
数年前、その中のひとりが久しぶりに一般ではいってきて顔を見せてくれて、みんなで大喜びしました。
新しい搬入搬出担当はふたり。
売り子でも、結婚のために結局参加できなくなってしまったSちゃん他、出産で一時期活動凍結になっていたRちゃんがいたり、やはりいろいろあってコミケ参加をやめた人も多いです。
その他、萌えが炎上しすぎて、みんなに迷惑かけまくるようになって被害甚大になった結果、サークル主が切った人というのも数人。
長いコミケ参加の間に、いろいろあったな。

今年の3日目は、最後まで会場にいたので、三本〆にも参加できました。

隣のサークルでメイド服着ていた売り子さんが言ってました。
「ここは、年齢も性別も国籍も、なぁんも関係ないし、好きなことを好きでいていい、やりたいことをやっていい場所ですから、やりたくなったらやればいいんですよ」


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4646-3667a20b