orb

アニメとGAMEとマンガな日々

知らない人なのだから ~座間市の事件に関して  

座間市の事件、衝撃的で、ネットでも話題になっていましたが、昨日友人と、「報道がいきなり静かになったね」と話に出て、何かあったんだろうねという話になりました。

私はテレビはアニメ以外ほとんど見ないし(朝も、今はテレ東の経済指標見てる)、新聞もとっていないので、報道関係はネットです。
おかげで、被害者の方たちの顔やらプロフィールを見ずですんでいます。
名前と年齢、住んでいた県くらいの情報しか知りません。
聞くところによると、顔並べて、品評会やらランキングやるという、人間性を疑うようなことも、堂々とされていたそうで。

SNSやら報道では、「死にたい人たちがこんなにいる」ってことばかりとりあげられていますが、友人と私で、「いや、そこじゃない!」ってなりました。
「死にたい」って、逆に思ったことない人のほうが少ないと思います。
ただ、その度合いはある。
身近に自殺した人がいるのではっきり言えますが、本当に死にたい人は、そんなSNSなんかでつぶやく前に死にます。
本当に、さっさと死んでしまう。
友人も言っていましたが、SNSやら友達との会話で「死にたい」を連発する人は、本当に死にたいわけじゃなく、実際にそう思ってしまうようなつらいことに対して、そういう事で自己治癒してる過程だったり、あるいは自己憐憫だったりしますが、他にも、優しい言葉や慰撫の言葉をかけてほしいだけだったり、ただのかまってちゃんだったりすることもあります。
性格的に、やたらとそれを連呼する人もいますが、本気で死を考えている人は少ないでしょう。

犯人が、「実際殺す段になって、本当に死にたい人はいなかった」と言ったという報道は、衝撃的でした。
そうだろう、とは思っていたけれど、実際、何人も殺した人がそれを言うのは、まったく重さが違っていました。
「死にたい」とSNSでそれを言いまくり、「死にたいのなら殺してあげる」あるいは「いっしょに死んであげる」と言ってきた相手に実際殺されるとなって、「死にたくない」と言った彼女たち。
いきなりつきつけられたおぞましい、恐ろしい現実に、どういう想いだったのだろうかと思ったりしました。

私と友人が報道とかに死にたい人たちが多いと大騒ぎする報道に、「そこじゃない」となったのは、「見知らぬ他人の家にあがりこむ」「しかも、女性が男の家に」という部分です。

小さい子に、親は必ず言いますよね。
「知らない人についていっちゃいけない」
それを、ある程度自己判断できる年齢の人がやってる。
しかも、女の子が。
知らない人の家にはいってしまえば、そこは密室です。
何が起きても、助けを呼ぶことは難しい。
監禁、暴行、レイプ、殺人。
そういった行為に及ぶには、楽な環境になります。
女性の場合は、とくにその危険性が大きくなります。
友人は、「知っている人でも、相手が男性の場合は、安易にその人のひとり暮らしの家には行くのは危険」と言っていました。
私もそう思います。

SNSでやり取りしてるし、携帯で話しもしたから、知らない人じゃない、という意見もあるかもしれません。
いやいや、知らない人だから。
知ってる人だから大丈夫って考えは、いったいどこからきたのやら・・・と思います。
今回もそうだし、凶悪殺人事件みたいなのが起きた時に、犯人をよく知る人、例えば学校の同級生とか近所の人とかが出てきますが、みんな言ってるじゃないですか。
「挨拶、きちんとしていて、良い子でしたよ」
「地味で目立たない奴でした。こんなことするなんて思わなかった」
その人の ”本性” なんて、そう簡単にはわからないです。
凶悪な資質を持つ人ほど、それを人々にたやすく見せてはきません。

海老名市の事件の犯人は、誘拐して部屋に連れていったわけじゃありません。
道端で犠牲者を昏倒させて、連れ込んだわけでもない。
犠牲となった人たちは、自ら彼の部屋に行ってる。
優しくしてもらえる、なぐさめてもらえる、励ましてもらえる。。。みたいなものを求めた代償がそれだった。
それこそ、自分から行っちゃったんだから、どうしようもないし、自身の選択の結果としかいいようがないですが、逆にいえば、十分未然に防げたとも言えます。
恐らく、ですが、犯人とやりとしし、彼に誘われたけれど行かなかった人というもいたと思います。

私は、ネット関係で知り合った人やゲーム友と、リアルで会うということをかなりの数しています。
それで、とても良い、長いつきあいの友達となっている人もたくさんいます。
なので、ネットで知り合うことには肯定的ですが、それでも、かなりのトラブルを経験しました。
友人の中には、それで相手がストーカーと化し、事件になりかけたことがありました。
ひとり暮らしの彼女、住所がなぜ相手に知られたかまったくわからず。
仕事が終わって帰宅したら、マンションの入り口にその人が立ってたそうで、近所のコンビニに逃げた彼女が、恐怖に震えながら私に電話してきました。
彼女の住所が知られた理由が、相手の男が、職業権限で、倫理を犯して調べていたことがわかり。

私と友人、「ネットで知り合ったからって、ほいほいとその人についていってはいけない。安易に信用してはいけない。ましてや、相手の家になんていっちゃいかん!って、そっち、報道しろよ!」と言い合いましたが、それを伝えているメディアは見ていません。
「死にたい若者をどうするか」みたいなのばっかり。

自分の身を守りたいのなら。
自分を危険にさらしたくなのなら。
安易についていかない。
安易に信用しない。
安易の人の家にあがりこまない。

それでも、そうしたいのなら、リスクを承知、リスクをしょって、それをする覚悟で、、、ってことになります。
老婆心ながら、それを言いたかったでした。
スポンサーサイト

Posted on 2017/12/10 Sun. 10:43 [edit]

category: 近況

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4641-7f4dd531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ブログ検索

カレンダー

カテゴリー

コメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

お薦めアイテム


▲Page top