orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

萌え炸裂!! ~ ハイヒールの男



映画好きな人の感想読んで、にわかに興味が出て観ました、「ハイヒールの男」韓国映画です。

いやなにこれすごい!!!
思いっきり、いろんなところに萌えを投入されるすごい映画でありました。

武器をもった大勢のやくざとかを素手で叩きのめす刑事、細マッチョで高身長、男が惚れる男、やくざすらもファンになっちゃうような男の中の男ってのが主人公です。
ところが、その主人公には、大きな秘密がありました。
彼は、トランスジェンダーだったのです。
つまり、身体は男だけど、心は女。
まだ少年の頃、同級生だった美貌の少年と相思相愛となった思い出を胸に、主人公は身体も女になることを決意して刑事を辞めます。
しかし、彼が解決した事件が思わぬ形で、その彼の決意をゆるがすことになります。

まず、すごいのは、主人公を演じている男優の、女性な演技。
いやもうこの方、超イケメンでガチ男くさい方なのですが、プライベートで素の自分になった時や、一瞬ふと見せる女の部分がものすごく色っぽい。
よくある、男優がオカマの演技しました!じゃなくて、ほんとうに女性の部分が出たってそういう演技。
んで、男という男が彼の男らしさに魅せられて惚れこんでしまうわけですが、それがつまり、彼が女である自分を捨てるために、必死で男になりきろうとしてるからだってところが、「うわああ!!」ってくらいすごい設定。
韓国はキリスト教徒がとても多い国なので、ゲイとかトランスジェンダーとか、神様的には許されないって部分があるので、そのあたりもこの映画の背景として、しっかり存在しています。

でね。
映画の中で、十代の頃の主人公と、彼と相思相愛だった美貌の少年とのやりとりが何度も何度もはいってくるんですが、これがもう、JUNEな世界なんですよ!!
ガチでJUNE。
ボーイズラブじゃないの、JUNEなの!!!
きれいさっぱりエロなしで、美しく清らか。

そして、さらに物語を盛り上げるのが、本当は女であるはずの彼が、なぜか気にかけているバーで働く女性の存在。
しかし、彼女は彼の名前も知らず、なぜ彼がそこまで自分にかかわってくるのか疑問に思いながら、ほのかな好意をもっています。
彼女がいったい何者なのかってところで、それがわかった瞬間、わたくし、「なんですとー!!!」になりました。
いきなりここで、私の大好物な”おっさんが少女のために戦う”が投入されてくるんですよ!!!

一粒で三度おいしいよ、この映画!!!

ラスト、どうなるかと思ったら、なんともせつない味わい深い終わり方でありました。
いやぁ、その後流れる歌もいい。
韓国映画、すげー。
韓流ドラマがいっさいがっさいだめなんですが、韓国映画はなんかいろいろいいのがあります。
「冬の小鳥」「コクソン」「プリースト」「アジョシ」と、もう本当によかったです。
ちょっとこれから注目していきたい。


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4619-2663658a