orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

これぞアマゾネス ~ワンダーウーマン

更新できてませんでした。
職場がかわったり、仕事が増えたりで、ばたばたしていて、ネット全然見れなかった。。。

で、見てきました、「ワンダーウーマン」。
待っていたよ。
待ち焦がれていたよ!



アメリカでは、ものすごい高評価だそうです。
なんていうかですね。
戦争描いているんですが、なんていうか、既存の表現や視点と全然違う感じがしました。
何が違うかって考えたんですが、今までの戦争映画とか、ヒーロー映画って、全部男視点、男目線なんですよね。
それが当たり前になってた。
でもこの映画、監督も女性だし、視点や目線が女性です。
いやいや、女性だからって、ナメてはいかん。
ガチで強い。
出てくる女性が、全員ガチです。
とくに前半のアマゾネスなみなさんの戦い、戦闘シーンは何十回でも見ていいレベル。
もう、ここだけでも見て。
お願いだから、見て。

ダイアナは、イギリスにもドイツにも属さないし、正義と悪という視点が我々と違います。
大局的なのですが、まぁ、神様の話だから、大局的で当然ってところなんですが、そういう視点で描かれているから、「なぜ、兵士なら死んで当然なんだ!」というダイアナの怒りに、見てるこっちがはっとします。
そうなんですよね。
死んで当たり前なんてないんだよね、本当は。

そうはいっても、物語は勧善懲悪なので、そこはきっちりヒーロー。。。っていうか、そういう話になっています。
いやぁ、見ていてうっかり泣いちゃった。
ダイアナがあまりにかっこよくて。
うわああああああああっっっ!ってなるシーンあります。
かっこよすぎて、めまいがしそう。

私はアメコミ苦手でして。
なので、アメコミを映画にしたものも、実はほとんど興味ありません。
バットマンシリーズが好きなのは、ノーラン監督が好きだからで、バットマンそのものにはまったく興味ない。
だがしかし!!!
ハーレクインちゃんとワンダーウーマンは違うぞ!!!

好きだっっっ!!!

字幕はアンゼたかしさんでした。
よっしゃ!って感じですよ!
見るべし!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4614-d951fcff