orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

異色の殺し屋 ~ザ・コンサルタント



コンサルタントじゃないやん!
会計士やん!! というツッコミが最初にあります。

田舎町で個人の会計事務所を開いているクリスチャン・ウルフは、高機能自閉症でもあり、数字の天才でもあり、卓越した格闘能力と狙撃能力を持つ殺し屋でもある・・・って、そんな話。
とある大企業で発覚した不正を、会計士として仕事を請け負ったところ、なぜか不正疑惑のあった人物と経理の部長が意味不明に殺害され、ウルフも命を狙われることに。
そして、最初に不正をあばいた女性までもが、命の危険にさらされます。

メインのストーリーはシンプルで、ふつーに殺し屋アクションなのですが、この映画、構成がものすごい。

メインのストーリーに、ウルフの少年時代がまず、重なります。
自閉症のよって、普通の生活を送ることが困難な彼が、軍人の父にどう育てられたのか。
母や兄弟との関係が挿入され、ウルフがどういう性格でどう育ってきたのかがわかる。

もうひとつ重なるのは、政府捜査官とその部下の女性のエピソード。
なんとこのふたり、映画の中ではウルフと一度も会いません。
裏社会でマネーロンダリングをしている謎の男を追う、その調査にあたり、その人が、クリスチャン・ウルフであることをつきとめるという展開になっていますが、このエピソードの本当の意味は、そこじゃない。
ラスト近くで、「なぜ、彼は彼女を選んだのか」という話になり、そこですべてが明かされるのですが、予想もしなかった展開に驚きました。

そしてさらに、過去を描くエピソードに出てくるウルフの弟。
現在のウルフはひとり暮らしで、父も弟もいません。
彼らはどうなったんだろう・・・と思っていたら、これも、思わぬところで登場。

これが、最後の最後で、パチっと音をたてて、ジグゾーパズルが完成するみたいな終わりで、もう、見事としかいいようがありませんでした。
よく、「伏線の回収」って言われ方されますが、私は実はこれ、好きじゃなくて、全部に説明がつくなんてことは現実ないし、つじつまあわせになってしまったら意味はないと思っています。
この映画は、そこから考えると、伏線の回収というやり方はしていません。
どれもちゃんと、一本の糸でつながっていて、ウルフという人間がその中心にいるのを、最終的にただ見せただけ・・・って感じがします。
だからラストで、「そういうことだったのか!」ってなった時に、意外性を感じるより、膝ぽん!になる。

本来は優しい性格のウルフが、彼にとってはとても難しい人とのコミュニケーションを上手く取っていこうとする姿が、この映画のもうひとつの素晴らしいところ。
誰よりも強く、頭脳明晰なでかい男が、おじいちゃん前に一生懸命話してるとか、か細い女性相手にどうしていいかわからなくてまごまごするとか、、、、

なんて、ご馳走!!! →よこしま炸裂

ベン・アフレックは、「チェイシング・エイミー」から本当に好きなのですが、この映画はタイミングがあわず、劇場で見ることができませんでした。
いやぁ、劇場で見るべきだった。
豪華俳優陣だし、物語もすごくよかったし、ありきたりな殺し屋ヒーローとかじゃない。
評判がよかったのもわかります。

いろいろ感想見ていたら、「数字の天才とか言ってるけど、会計士ならあれくらいやるのがふつーでしょ?馬鹿みたい」とか書いてる人がいて、「馬鹿はお前だぁぁぁ!!!」と襟首つかんで、あごがくがくいわせたくなりました。
大企業の10年分の決算報告書、たった一晩でひとりで読んで解析して原因究明するとか、無理だからな!!!

個人的には、ウルフのパートナーらしき、謎の電話の声の主が誰なのかってところ、正体が明かされたところで、思わず立ち上がって「そこかっ!!」って叫んでしまいました。
いやぁ、あのシーンはすごい。
自分的には、この映画でいちばん、さいこーに好きなシーンです。

いやもう、ここまで完璧な映画はそう滅多にない!!ってほどに、よく出来た素晴らしい映画でした。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4603-5622e86f