orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

すべては種族を超えて ~メッセージ

あっちこっちで絶賛の声が聞こえてきていましたが、逆に、賛否両論あるというのも聞いていました。
実際見て、万人にはまったくお勧めしない映画と実感しましたが、だからといって、つまらないとか面白くない映画というわけではありません。
久しぶりのSF、これ以上ないってくらいのまったきSF映画です。

SF映画っていうと、「トランスフォーマー」とか「アルマゲドン」、今人気の「ガーディアンオブギャラクシー」とかを指すと考える人も大勢いると思いますが、もしSFと聞いてそっちを真っ先に思い出す人には、この映画はまったく向きません。
「ソラリス」や「デューン砂の惑星」と聞いて、「あ、そっちか」と思った人なら、たぶんこの映画を見ても不満を持つことはないと思います。

ある日突然、世界各地の12箇所に飛来した謎の飛行物体は、そのままそこに停留します。
それぞれの国が、それぞれのやり方で、彼らとコンタクトを取ろうとし、地球に降り立った理由を解明しようとします。
アメリカでは、言語学者と数学者が召還され、軍の指揮のもと、飛行物体内部で異星人たちとの意志の疎通をはかろうとします。
言語学者のルイーズは、彼らにも文字があることを発見し、その解析、解明にあたることで、彼らと”対話”をすることに成功します。

はっきりいって、これ以上ないってくらい地味な映画です。
でも、描いている内容は、とてつもなく深い意味があります。

私たち人類は、同じ地球人であっても、国が違えば、文化も慣習も言語も違ってきます。
同じ国でも、違う言語がある国はたくさんあるし、宗教や人種の違いもある。
それによって、多くの争いや差別、区別、無理解が生じています。
この映画では、それを超えて、”違う星の生命体」”を相手に、どこまでコミュニケーション取れるか、理解しあえるかということがテーマになっています。
発声機能や音に対する感覚機能の違いから、口による言葉での”会話”は、彼らとは成立しません。
主人公のバンクスは、”文字”によってコミュニケーションを可能にします。
バンクスは最初、自分たちの名前を明示し、次に、基本的な行動(歩く、食べるなど)の単語を伝えます。
そんなことがいったい何の意味になるんだ?という軍の指揮者に対し、バンクスは「何のためにそれを行うのかという事を確認するためには、基本的な行動に対する単語が必要になる」というようなことを言います。
これは、個人的にはかなり衝撃的な発想でした。
映画の中に出てきますが、中国は対話を、マージャンのパイで可能にしたことがわかります。
そこでバンクスが指摘します。
「マージャンは、対戦するためのものなので、言語のベースが”戦い”になっている」
つまり、マージャンのパイで対話すると、戦うための対話にならざるをえない・・・ということになる。

もうひとつは、コミュニケーションの部分。
得たいの知れない物体や異星人に対して、それを侵略とみなし、攻撃をしかけようとする人々がたくさんいます。
その根底には恐怖があり、我々地球人は長い歴史の中で、いきなり現れた異国の人々がいかにその国を侵略したか、よく知っているという事実があります。
そして、我々はそれが”当たり前”と考え、そうなることが必然と思い込んでいる。
それによってバンクスたちは、同じ国、同じ言葉、同じ人種で、さらに同じ目的のために仕事につく人々によって、命をおとしかけます。
それを命を賭けて救うのは、違う星、違う言語、違う文化、違う生命体でした。

この映画には、物語としての起承転結はありません。
突然やってきた彼らが地球人に伝えたかったことは、映画が終わった後、地球人に大きな課題として残され、そのためには、地球に住むすべての人々が協力しあわなければなりません。
そして地球を、やってきた異星人たちを救うのは、時間を越えた大事な記憶です。

この映画が描くのは、コミュニケーションというものには、言語、文化、習慣、国籍、人種、宗教、さらには種の違いすら関係ないということ、そして、願いや想いは時空を超え、一瞬は永遠であるということです。

久しぶりに、SFらしいSF映画を見たという充実した想いが残る映画でした。
最後の最後まで、美しい映画でした。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4584-833de023