orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

新しいホラー映画 ~ステイク・ランド

Netflix で世界の終わりな映画ばっかり見ていたら、なんか精神やられそうになってしまいました。
そんな中、ホラー映画ファン絶賛の「ステイク・ランド」見ました。

物語は、ゾンビ型吸血鬼が人々を襲い、狂信的な新興宗教組織が人々を襲うようになった終末的世界。
家族を吸血鬼に殺された少年マーティンが、彼を救ってくれた”ミスター”と呼ばれる男と、北にある安全な町をめざして旅する物語です。

超血なまぐさいし、とにかく次々人は死ぬしで、確実にホラー映画なんですが、今までにあったホラー映画とは確実に一線違うのは、この映画、世界の終わり、ゾンビが人を襲う世界を舞台にしたロードムービーなのです。
ゾンビ吸血鬼とも戦うし、もちろんサバイバルなんだけど、それがメインテーマじゃないところが新鮮。
そして、かなりじっくり見せてくる映画でした。

”ミスター”に鍛えられ、教えを受けて成長していくマーティンと、ふたりの旅に随行する数人の人達の運命、彼らに関わる人々がいて、それぞれの生死があります。
はっきりいって、滅茶苦茶暗い。
無残な死どころの騒ぎじゃない、放心状態になりそうなシーンとかもあります。
とにかく容赦ない物語が続くのですが、映画はそれを見つめるマーティンの視点で描かれていて、いちいちそういうのを台詞にしないし、説明もしません。
結果、見ている私たちは、マーティンの気持ちでそれを見ることになります。

”ミスター”が何者かも、映画の中にはいっさい出てきません。
吸血鬼と戦い、弱き者を助け、容赦のない冷徹な部分も見せます。
彼とマーティンの関係は、父と子、師と弟子な感じで、そこも見どころ。

最近、続編が製作されたそうで、再びマーティンと”ミスター”が再会するそうです。
ホラー映画ファンは、劇場公開されない新作をDVD購入してみているらしく、そこからあがってくる情報がとてもありがたい今日この頃。
Nteflix は、ホラー映画とドキュメンタリー映画が充実していて、しばらくはそれを楽しめそうな感じがしています。



拍手コメントのお返事

豆豆さん:

りっぷるさんのお店は、駅からけっこう距離があって、車じゃないと難しいと思いますが、展示会とかだと、都心でもやってくれてるので、見ることができます。
ただ、種類はあまりないかも。
常設でおいてあるところもあるみたいです。
値段は、ワンピースで二万円前後、靴下は1800円です。
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4562-d52d668a