02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

形なんてどうだっていい ~彼らが本気で編む時は

2017.02.28 (Tue)



編み物の映画キター!!!って見に行ってきました。
監督は、絶大な人気を今もって誇る「かもめ食堂」の荻上直子さん。

小学生の娘を置き去りに母が家出した後、トモは叔父のマキオのもとに身を寄せます。
叔父には、同居している恋人がいて、名前はリンコ。
元は男性だった人でした。

生田斗真がトランスジェンダーの女性リンコさんを演じた映画ですが、トランスジェンダーを描いた映画ではありません。
形なんて、どうでもいいじゃないか。
規範ってなんなんだよ、そんなの関係ないよ。
普通とか普通じゃないって何?それ、いったい何の決まり?
・・・っていう映画です。

この映画に出てくるお母さんたちは、全員シングルマザーです。
父親の存在はありません。

トモの母親は、母親としての責務を負うことはできていません。
コンビ二のおにぎりを食べさせておけばいいと本当に思っていて、小学生の娘をひとり残して、男を追いかけて家出をすることをくり返している。

トモのおばあちゃん、マキオの母親は、浮気を繰り返し、ついには女のところにいってしまった夫を恨みながら、その想いを編み物にぶつけていました。
夫がいなくなった後、残された息子の面倒を見ることに生きていたような彼女、マキオはそれを拒絶することも出来ず、のしかかる母親の重さに耐える日々を送っていたと語っています。

リンコさんの母親は、男の身体で産まれてきてしまった娘を理解し、励まします。
小学生のトモにすら、「リンコを傷つけたら、絶対に許さないから」といいます。

恐らくはゲイのカイ少年の母親は、彼女が思う”普通”と違うことを、絶対に許すことも出来ないし、認めることもできない。
だから、リンコをおかしな人間と見るし、息子が別の少年に書いたラブレターを異常な行為として、リンコさんやトモ、息子を追い詰めます。

リンコさんは、もともとは男性でした。
でも、孤独な子供だったトモを心から愛し、大事にし、抱きしめます。

トモを引き取りたいと言ったリンコさんに、トモの母親が叫びます。
「あなた、何言ってるの?あなた、女じゃないじゃない!母親になれると思ってるの?トモが生理になったら、胸がふくらんできたら、あなた、相談にのってやれるの?」
子供ひとり置き去りにして、1ヶ月以上家をあける女に、母親の資格があるかって、そこを問いたい台詞です。
しかし、マキオの言葉から、その彼女も、周囲の反対を押し切って、ひとりでトモを産んだ背景があることがわかります。
トモの母親は、トモに向かって叫びます。
「私にだってわからない。女でありたい時だってある。逃げてしまいたい時もある」

ぶっちゃけ、セックスすりゃあ子供が生まれる可能性はあるわけで、その行為だけに限定すれば、能力は資質を問われることなく、女性はおおむねみんな、母親になれます。
逆に言えば、子供を産んでいないから母親の資格がないとか、女としてだめだとかいう理由にもならない。
そもそも、資質や資格があって、妊娠、出産してるわけじゃないんだから。

リンコさんは、とっても優しい、誠実な女性です。
リンコさんによって、トモは、手作りのご飯が並ぶ食卓を知り、愛情のこもったお弁当を知り、毎朝髪をしばってくれる優しい手を知り、抱きしめてくれる暖かさを知る。
だからトモは、怖いことがあると、悲しいことがあると、どうしようもなくなると、リンコさんのところに飛んでいって、抱きしめてもらうようになる。

カイの母親が連絡して、幼児虐待を疑う役所の人が、マキオの家にやってくるシーンがあります。
こわばった顔で、担当の女性のチェックを受けたトモは、終わったやいなや、リンコさんのところにすっ飛んでいって抱きつく。
それを見た役所の女性が、うっすらと笑顔を浮かべます。
このシーン、ゲイのカップルがダウン症の子供を引き取ろうとした物語「チョコレート・ドーナツ」を思い起こさせるシーンでした。
「チョコレート・ドーナツ」では、まだゲイの差別が激しい時代、ゲイカップルが子供を養育することを容認しなかった人々に対し、その調査にあたった役人の女性が、「調査の結果、同居しているふたりの男性は、愛情をもって子供に接し、彼の養育にふさわしい環境と状況をもちえている判断します」と冷静に裁判で語っています。

リンコさんは子供が産めないかもしれないけれど、短い間だけだったかもしれないけれど、確実に、トモにとって、おかあさんだったときがあったはず。

そしてこの映画、他の部分でも、ブレイクスルーを何気なく投入しています。

リンコさんの恋人のマキオは、ゲイではありません、普通の男性です。
けれど、姉は「あんたの性的嗜好は・・・」という台詞を吐く。
リンコさんを女性と見ない社会のありよう、人の視線の中で、マキオは、「リンコさんみたいな人を好きになっちゃうと、他のことなんてどうでもよくなっちゃうんだよ」と言っています。
もとは男性だったこと、子供が産めない身体であること、女性としての身体は人工的に造形されたものであること。
そんなこと、どーだっていいじゃん!とはっきり言ってる。

リンコの母親の夫は、明らかにかなり年下です。
彼が何をして、ふたりがどうやって知り合ったかはわかりません。
彼は、トランスジェンダーの娘(もしかしたら、リンコさんとたいして年齢が変わらないかもしれない)がいる、かなり年上の女性と結婚していることだけが描かれています。
彼は、厳しい言葉を小学生に放った妻をさりげなく諭し、集まった家族のためにお鍋を作ります。
そこにもやっぱり、世間でいうところの、”普通”ってものはありません。

形や規範なんて、その人が幸せになるのに関係ないし、必要ない。
その人なりの幸せのあり方を、他人がジャッジする権利なんてない。

この映画はそういうものを、どっさりつっこんで、優しく描いていたように思います。

生田斗真が、とても丁寧にリンコさんを演じていて、心がほんわかしました。

ちなみに。
肝心の編み物ですが。

ちんこ と おっぱい しか編んでなかったよ!!!(爆)


スポンサーサイト
10:02  |  映画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4544-52da63f8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |