orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

真田丸 終了

真田丸が終わりました。
1年ありがとう!な気持ちでいっぱい。
書きたいことがやまほどで、どうしていいかわからないほどなのですが、ぼちぼちと並べます。

視点をあくまでも真田信繁(幸村)固定にした事で、物語が”歴史”じゃなくて、”人生”とか”日常”になった部分、時代劇のあり方をひっくり返すくらいのレベルで斬新だったと思います。
その結果、歴史上の人物全員、ひとりの人間としてそれぞれ描かれることになり、知らないうちに固定化されたそれぞれの人物像とは違う個人の生き様を見ることになりました。

室賀様や滝川一益の想い、板部岡江雪斎の無念、御館様の理想、北条の最期の願いなどなど、今までどんなドラマや小説においても、ほとんど端役脇役で、彼ら自身の言葉や想いに触れることはなかったのが、真田丸ではきっちり描かれていました。
負わされたものに押しつぶされるようにして命を絶った秀次様、有能で心から豊臣の治世を願いながらも、不器用で生真面目すぎて、悪い方へと走っていってしまった三成、その三成を支えつつ、病に苦しむ大谷刑部、女が支配する豊臣家の中で悪戦苦闘する大野治長、剛毅だが心優しく、それが故に暗殺された加藤清正などなど。

そしてよもや我々、花を愛でる長宗我部盛親や、元アイドルな華麗さを見せる毛利勝永にまで、ハートもっていかれるとは思ってもみませんでした(笑)

豊臣秀吉も、大好きな小日向一世さんの名演によって、新しい秀吉像が作られたと思いますが、とにかくいちばんすごかったのは、家康。
ラスボスなはずの家康が、圧倒的な癒しキャラとして存在し、私たちの心に、伊賀超えというやたらとラブリーな一幕を刻んだのはすごい。
さらに家康、ラスボスなのに、基本、すっげーいい人。
そりゃもう計算も打算も策略も策謀もあるんだけど、ちゃんと人を見て、ちゃんと気持ちを理解してて、しかも基本、「殺したくない」人でした。
だから見てる我々、「この人だから天下とれた」な気持ちになるし、「この人になら天下預けられる」気持ちにもなる。
なんていうか、家康を「なんてかわいいんだ!」って思う日がくるとは思ってなかったよ!
内野さん、素晴らしかったです。

きちんと人間を描いていて、定番なものを安易に使用しないから、それぞれの人たちが”生きた”物語になっていました。
塙団右衛門なんて、その筆頭。
やたらと顔がでかい、態度もでかい、目立ちたがりの人だったけど、なんか憎めないキャラで、奥さんに一生懸命「手柄をたてるからな!」って言ってるのを見て、なんというか、ただの脇キャラじゃない存在感をもっていました。
ところがその彼が、敵陣に乗り込もうとするその瞬間、一発の銃弾であっさり死ぬ。
その瞬間、テレビ見ていた私、「え!!!!!!!!」って声あげて固まりました。
戦場はそういうところなんだって、一瞬で見せたシーンだと思います。

見た後、Twitterでタグを追いかけるのも、ものすごく楽しかったです。
ああ、そういう見方もあるかー!とかもあったし、史実補填、補足も充実、同じ想いを持った人たちのポスト見て、さらに胸熱になったり。
新しい楽しさでした。

豊臣家が終わっていく様の流れは、見事でした。
何かひとつがだめだったとかいう、そういうものではなく、いろいろなものが重なり、それが運命みたいになっていくのがリアルに描かれていたように思います。
秀頼は決して無能ではなかったと思いますが、豊臣家という冠が、彼の能力を発揮させる場も機会も奪ってたように感じました。
大蔵卿の局のやり方も、見る方向を変えれば、決して間違いではないわけで、じゃあ何がだめだったんだよ!っていうと、見る場所はみな同じだったけど、見方が違うことによって、豊臣はばらばらになっていたんだという気がしました。

内通者は台所を仕切っていたおっちゃんでしたが、「妻も娘も秀吉にてごめにされて、自ら命を絶った」恨みでした。
誰かがTwitterで、「フラグなかったのに!」って書いてましたが、世の中、自分が見聞きしているものだけじゃないって、そこをがっちり見せてきたような気がします。
信繁が知る秀吉は、きらめくような才を持ち、情が厚く、自分をかわいがってくれた天下人でしたが、例えば落書で皆殺しにされた見廻り番の人の家族や、与左衛門のように、女癖がやたらと悪かったという秀吉の餌食となった婦女子の身内にとっては、まったく違う人物になっていたと思います。

豊臣は、徹頭徹尾、人を大事にしていなかったように感じるし、対して徳川は、それぞれの人を尊重し、大事にしていたと感じました。

そして、おにーちゃん@大泉洋。
かつて、闇のジャングルで腹を下し、テレビ史上初、タレントのリアル脱糞トイレ映像を全国に流した男とは思えぬ名演!
兄弟の別れのシーンとか、声あげて泣きましたよ。
まだ彼らが少年だった時、パパが「あいつのような人間が、これからの時代には必要とされるだろう」と言っていましたが、あれは予言だったわけで。
そのおにーちゃんが、道の先を見つめるラスト。。。。。。余韻が素晴らしかったです。

1年、これ以上ないってくらい、毎回楽しい時間をすごさせてもらいました。
製作に関わったすべての人に、ありがとう。

歴史上でもその後がわからない、きりちゃん。
源次郎様のいない世界はつまらない、って言っていたきりちゃん、あの後どうしたんだろうと思います。
自害するような人ではない。
彼女はあの後、どう生きたんだろうか。。。

スポンサーサイト

Category : TV
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4512-9b54e643