orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

漢泣きの映画 ~ローグワン

スターウォーズは全部見ていますが、とくに好きってわけでもなく、思い入れもないシリーズです。
見るのは、惰性が半分、上映時間内きっちり楽しませてくれるとわかっているので、安心して見れる映画だからってのが半分。
なので、「ローグワン」もその流れで見に行きました。

物語は、エピソード4の前。
デススターの設計図を盗み出した人々の物語です。

実は私、エピソード4見た時、確かレイア姫だったかが、「デススターの設計図を盗み出した者たちがいて」って話をしているくだりがあって、「その人たちはどうなったんだろう」って思った記憶がありました。
いやだってさ、そんなもん、盗み出すくらいなら、それこそ英雄だし、なんでその人たちがそこにいないのかって疑問だったのです。
そしてその理由が、この「ローグワン」に全部つっこんでありました。

いやぁ、申し訳ないんだけど、とくに期待してなかったよ。
ふつーに面白く楽しく見れればいいと思ってました。
とんでもなかったです。
いやもうなに、大泣き。
号泣。
隣の知らないおっさんも、いっしょに号泣。

デススターが完成するというところで、実は反乱軍は降伏を考えていたところで、一部の兵士たちが、命令を無視して一小隊を自分たちで編成し、文字通り、命をかけてデススターの設計図を盗み出す話でしたがね。
なんたってもう、スターウォーズ史上初、大量の人間の死ぬシーンがあります。
敵も味方もがんがん死んでいく。
反乱軍の人たちの多くは、その死ぬ覚悟とか死ぬ瞬間とかを見せる場面があって、余計に胸にせまります。

なんていうかね。
物語としては、今までにもよくあった系の話なんですけど、もうなんていうか、熱いんですよ!!
むっちゃ、熱いの。
熱苦しすぎるくらい、熱いの。
ちきしょー!ってくらい。

ローグワンの中には、フォースの戦士はいません。
ダースベーダーだけ。
ただひとり、それとは別に、盲目の僧兵がでてきます。
ドニー・イェン演じるこの僧兵が、すごい。
フォースを信じる彼が、特殊な力を持つことなくあそこまでの心眼を持つにいたったのが、とにかくすごい。
誰もジンを信じようとしない、彼女の考えを「無理だ」と決め付ける中、彼だけがその心眼をもって、彼女を信じています。
何も言わずに彼女の手を握るシーン、胸熱すぎて泣きました。

みんながみんな、戦うのに理由があります。
それぞれの想いを胸に、自由のために、本当の平和のために、戦う事を選び、命を捨てる。
ローグワンはそういう映画でした。
ラスト、「いやこれ、ディズニーだろ?スターウォーズだろ?」って終わり方でした。
ある意味、衝撃的。

マニアックですが、「攻撃を!提督は?」って司令部で誰かが言ったら、「もう出撃しちゃってます」みたいな答えが返ってきたシーン。
ラムザ提督!!!
憶えてる!!
4でも出てた!!
すっげー大好きなキャラだった!!!
むっちゃ熱いおっさんな提督だった!!
そのシーンで、「え!マジ、さっさと出撃しちゃってたんかよ!ひゃっふーーーー!!」ってなって、ここでも泣きました。
提督の出撃がなかったら、あのミッションは成功してなかったと思う。

ってことで、超ハイパー胸熱映画なので、また見に行くつもりです。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4510-e5c71f7d