orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

どこかの誰かと旅をする ~風の旅人

PS3の時にすでにプレイ済みでしたが、PSプラスで無料ダウンロードできるようになっていたので、あらためてプレイしてみました。

数時間で終了できる短いゲームで、台詞とかはいっさいありません。
プレイヤーは、”白い人”と壁画に導かれて、不思議で美しい世界を旅します。
アクションゲームですが、ひじょうに簡単。
このゲームは、遊ぶゲームというよりは、見るゲームです。

実はこのゲーム、ふたりでプレイできます。
できますが、相手は選べません。
それぞれのステージで、ふと気がつくと、遠くに誰かがいる、あるいは隣にいた。。。みたいな感じで、しかもその人が誰かはわかりません。
その時点ではIDも出ないし、国籍も何もいっさいわからない。
ゲーム内ではキャラ同士、笛のような音を出し合って呼びかけあいます。
ふたりで協力しながら、ともに旅することになる。
きちんと相手のことを見ながらいかないと、見失ってしまうこともあります。
そうすると、その人とはもう会えません。

ラストに近づくにつれ、旅人たちは過酷な状況の中で山の頂上をめざすことになります。
吹きすさぶ風に吹き飛ばされてた私を、もうひとりの旅人が一生懸命探してくれる。
崖から落とされてしまった相手を、私が追いかける。
そうやってふたり、最後の旅を終えます。

ゲームが終わり、旅人の魂が空を駆け抜け、そして最後にやっと、いっしょに旅した人たちのIDが出てきます。
その時の気持ち、なんともいえません。
名も知らぬ、どこの国の人かもわからぬその人たちの存在が、とてもいとおしく、そして暖かい。

今回、ずっと同じ人と旅することになりました。
この人は誰なんだろう。
そう思って、ラストにIDが出るのを楽しみにしていました。

そして最後、出てきたID見て私、爆笑しました。。。

アルバート・ウェスカー

ウェスカーと旅してましたよ、私(笑)

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4467-0b36328e