orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

イケボイス作戦

レインボーシックスシージのフレンド、それなりの人数になりました。
プレイする人の顔ぶれはある程度固定化してきてはいますが、必ずしも決まった人たちではなくて、そのあたりはかなりゆるい。

んで実はその中に、超イケボな方がひとり、いらっしゃいます。

イケボ = イケボイス = ものごっつーいい声

石川英郎さんの声を、もうちょっと低音にした感じ。
石川さんの声、有名なところでは、BLEACHの浮竹隊長ですな。

最初、声聞いた時、思わず「なんか声の仕事とかしてるんですか?」と聞いたら、違うということでして。
「いやー、すごい良い声ですよねー」と言ったら、「え?そうですか?俺、自分の声、すごいコンプレックスがあるんですが」と言われてびっくり。
聞けば、「子供の頃からこの声で、すごくいやだった」、、、、、、、確かに、この声で中学生とか、かなり違和感がある(笑)

かのイケボユーチューバー兄者、弟者さん、同じトーンのイケボな影者さん、古川登志男な声のおついちさん、下野紘まんまな避雷針さんと、イケボ系な配信者は多いですが、くだんのフレンドさんも、十分イケる!!!

「その声で、甘くささやきながら配信すれば、全国100万人の女性ファンがつくはず!!」

・・・と言った私に、イケボなMさん。

「・・・・・・俺には無理です・・・」

そしたら、あまりにイケボ!イケボ!と大騒ぎしていた私に、他のフレンドさんたちがノッてきちゃいまして。

「矢野君、後ろに敵がいるぞ」 → 無理やり低音

「俺たちなら、必ず勝てる」  → 無理やり低音

「奴らを殲滅するんだ」 → 無理やり低音

・・・・で、やってて、戦闘真っ最中に、ひとりがいきなりげろげろ咳き込む結果に。
やめなさい、君たち。
真面目に戦って。

シックスシージのフレンドの中に、ひとり、女性プレイヤーがいます。
実は、いっしょに楽しくプレイできる女性プレイヤーは初めて。
いろいろな人がいましたよ、過去、ほんといろいろいた>黒い歴史
彼女も他には同性のフレンドはいないと言ってました。
FPSは、バトルフィールドをやっていたんだそうで。

彼女がチームにはいると、防衛力が確実にあがるので、個人的に私が喜ぶことに(笑)

先日それで、
「彼女と私でお部屋にいるから、みんな、好き勝手にどっかいってくれていいです、やっふー」←酔っ払ってた
とか言ったら、女性フレさんが、

「どこかいかないでくださいね。ちゃんと、敵がきたら、戻ってきてくださいね」
と言ってくれて、男性陣に、「うちのチームの最後の良心」と呼ばれておりました(笑)

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4462-5a257904