orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

終わった後にしばし呆然として、そして ~True Detective



アメリカで大絶賛されたテレビドラマです。
日本ではケーブルで放映されましたが、なかなかDVD化されず。
やっと発売になったので、予約して購入しました。

舞台はルイジアナ州の湿地帯にかこまれる田舎町で、そこで発見された猟奇的にデコレイトされた殺害遺体が発見されたところから始まります。
捜査にあたるのは、ふたりの刑事。
長く地元の警察で働くマーティ・ハートと、別の場所から移って来た辣腕のラスト・コール。
美しい妻とふたりの娘に囲まれ、マッチョで父権的なマーティは、女にだらしなく、浮気を繰り返します。
感情に乏しく、不慮の事故で娘を失って以後独身のコールは、辛らつな物言いと、他人がまったく理解できないレベルの緻密な捜査で、みんなから嫌われ、疎まれる存在。
そのふたりがコンビを組むことになります。

1 話60分で8エピソード。
普通のドラマにあるような盛り上げ方、アクション、人間ドラマ、恋愛シーンは、いっさいがっさいありません。
コールが何を見て、何をそこに見出したのか、マーティにはわからず、そしてそれを見ている我々の理解からも遠い。
コールの神がかった、あるいは精密機械のようなやり方は、警察署内でも反感をもつものは多く、パートナーのマーティですら、嫌悪感をもっています。
しかし、コールは常にたったひとつの真実を求め、たったひとつの目的に向かっている。
それは、真犯人をつきとめ、そして逮捕することです。

最初に見つかった遺体が、実はとてつもない犯罪につながっていることがじょじょにわかってくる後半から、物語はさらに暗さを増し、真犯人へと近づきますが、そこでコールは刑事を辞め、数年後、ハートもやめていきます。
事件は再び暗闇へと深く沈んでいきますが、ふたりが“真の捜査官”となるのはそこからです。

展開は、過去と現在を行き来します。
別のふたりの刑事が、コールとハートが追った事件について、ふたりを別々に召還する場面と、ふたりが捜査していた時の頃のものが交差します。
一度は袂を分けたふたりが、また再びコンビを組むことになる。
しかも、警察官としての身分はもうなく、そして捜査する義務も責任も権利もない立場で、命を賭けてまでその捜査に向かうのはなぜか。
大の男が悲鳴をあげ、号泣し、嘔吐するほどの真相がおさめられた1本のビデオテープが、その理由です。

7話の最後、犯人を示唆するシーンが出てきます。
そこで私、思わず持っていたコップを落としました。
「この人、いたよ・・・」
思わず出た言葉がそれでした。
このドラマは、そういうシーンや台詞がやまほどあります。
緻密に作られている。
なので、もう一度見ようと思います。
思いますが、しばらくは見れません。
それくらい、見た後、ずっしりときます。

演じるマシュー・マコノヒーとウディ・ハレルソンの演技も素晴らしいので、注目。
残虐なシーンはほとんどありませんが、見ていて精神ざりざり削られるので、元気なときに見るがいいかと。

傑作でした。

スポンサーサイト

Category : DVD
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

矢野トール says..."Re: 観ました~~"
シバッチさん、どもどもですー。

楽しんでいただけてよかったです。
かなり渋いので、人によっては苦手な人もいるかもです。

ラスト、いいですよね。
コールとふたり、明らかに相性悪いし、難しい性格なものどうしですが、仕事ではお互いを信頼しあってるのも、すごくよかったでした。

これ、2もあるんですが、物語はまったく違ってて、評判もいまいちだそうです。
でもDVD買っちゃったんですよー(笑)


2016.09.08 16:16 | URL | #- [edit]
シバッチ says..."観ました~~"
どうもです~~。

矢野さんが絶賛されていたので観てみました~~。
面白かったです~~。

地味な見せ方と、ドヨ~~ンとした雰囲気が何とも言えなかったですね。
特にラストの性格がたまらんかったですわ。

いや~~、良いものを観られましたよ。
紹介して下さった矢野さんに感謝です。

ではでは~~。
2016.09.08 14:58 | URL | #tvwK72QI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4461-e61135bb