orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

新しいフレンドと

シックスシージ、いっしょにプレイするフレンドさんの輪が広がっています。

基本、フレンドのそのまたフレンドって感じで増えていたのですが、今回、私が野良でいた人をナンパして、また増えました(笑)
我々が4人PTでいた時、野良ではいってきていた人で、3ゲームくらいいっしょにやったのですが、最初の1ゲーム目で私がフレンドリーファイアをしてしまい。。。「すみませんでした」とメールしたら、「大丈夫ですよ」と即効返事が。
その後、みんな大好きタチャンカ(しかし難しいので、ほとんど使う人がいない)で、いきなり序盤3キル連続でして、我々大騒ぎ。
私が即効フレンド申請送ったら、フレンドさんがたちも同時に「ナイス!タチャンカ!」ってメール送ってて笑いました。

私が野良の人をナンパしたのは、ふたり目。
最初の人Sさんは、5ゲームくらいいっしょにやってて、とてもいい連携取れたので、フレンド申請送りました。
当時は、別のパーティで活動していたSさんですが、最近は我々とよくいっしょにやります。

そして昨日、新しくメンバーになったJさんを交えて、フルパでプレイしたところ。。。Jさんが「うわー!すごい楽しい!このチーム、超やりやすいです!」と大喜びしてくださり。
ちなみに、Jさんが参加したメンバーでのプレイは、実際ものすごくやりやすく、とくに攻撃力が格段上がり、攻撃のターンの時の攻めるスピードがものすごく早くなりました。
1回、あっという間に終了して、全員でびっくりしたほど。

いろいろな人とチーム組むことで気がついたのですが、チーム戦なせいか、メンバーによって本当にまったく全然内容が変わります。

慎重派のMさんがいると、防衛力が上がります。
彼と私がガチ防衛派なので、遊撃が潰されても、Mさんがいると、目標物はほぼ守れる。

Sさんは攻守のバランスがとても良く、状況把握が的確なので、チームにいると格段勝率があがります。

Yさんは完全に攻撃タイプですが、立ち回りが上手いので、大外回りから来る敵はまかせられる。

YAさんは攻撃力が高いのですが、慎重なので、生存率も高い。
最後に残るのは彼、というケースになっても、安心していられます。

OさんとKさんは、ふたりとも遊撃派ですが、ここから迎撃すんの!みたいな所から上手に攻める人たちです。

この人たちとのゲームは、勝率高いです。

逆に、確実に負け率が上がるフレンドさんがいます。

EさんとKさん。
ずっと関係ないことしゃべりまくるKさんはともかく、Eさんは個人能力はとても高く、私なんかと比べ物にならないくらい強いです。
でもなぜか、Eさんがいるときは、負けが連続して、いちども勝てなかったなんてこともある。
見ているとEさん、補強しない、ガジェットを自分のキルのためにしか設置しない、防衛は基本しない(敵キルするために動くので)、味方がいてもそこが強ポジだと、いっしょにそこにいる。。。って感じ。
5人チームの中に、チームとしての戦い方をしないで、自分の戦績とキルのために戦う人がひとりいると、勝率が格段下がるってのも、なかなか興味深いです。

いっしょにやっているうちに、それぞれが変わった部分もたくさんあります。

他のチームから放り出されてしまったYさん、私たちのチームではまったく問題なく、楽しくプレイしています。
Yさんがとてもよくカメラを見ていて、敵の位置を的確に言ってくるので、みんなもそれに倣うようになりました。

壁を補強しないのが私がとても嫌いなので、遊撃に出る人たちも必ず補強するようになりました。
また、シールドの設置位置も、私がものすごくうるさいので、みんな、慎重になりました>入り口を封鎖しないでシールド立てた場合、階段が前にあったりすると、位置によっては部屋の中が全部見渡せて、防衛にはいってる味方を危険にさらす率が高くなったりします

天井の補強と床の割れについては、Kさんが必ずやるので、全員それを気にするようになったり。

Sさんはもともと遊撃プレイがメインだったそうですが、こちらのチームでプレイする場合は、先行は他の人たちにまかせて、ターゲット周辺の防衛にはいるプレイしています。

それぞれ、好きなオペレーター、得意なオペレーターがいますが、取り合いになったり喧嘩になったりしたことはありません。
状況によって、お互いを確認しながら、適当に変更したりしています。
武器も、好きなものを使うのが基本>選択肢は限られていますが
Eさん以外は、自分の戦績やキルレを気にする人がいないので、勝率は気にしても、他のことでスコアどうのこうのという話にはまったくならず。

シージやって、チームプレイにおいて、それぞれ個の能力や性質、性格がここまでプレイや勝敗に影響するんだなぁって、ものすごくわかって、とても勉強になりました。

ちなみに、「勝てればいい」ってわけでもないのが、ゲーム。
いちばん重要なのは、みんなで楽しい時間がすごせることです。
そのあたり、現時点おいては、とてもいい感じかと。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4447-d1cb5125