orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

ゆるゆらランクマ ~レインボーシックスシージ

シックスシージ、ランクマデビューしました。
カジュアルとの違いは、スタートの場所を選べること、1ゲームの長さがかなり長くなること、キルレや勝率やランクが表示されるようになることです。

シージメンバーは、SNSでKさんが声をかけて集めたメンバーが中心で、私、Hさん(現在ディビジョン)、Mさん(現在ドラクエ)、Oさんに加え、諸事情により某クランから離脱したYAさん、OさんのフレンドのKさん、みんなでやっていた時に5ゲームいっしょにやった野良の人でその後私がナンパしてフレンドになったSさんがいます。

FPSが初めてというKさん、Mさん、Hさん以外は、全員CoD経験者。
インした時にいたら、声かけあってパーティ組む感じで、勝ちに出るプレイはガチプレイはするけれど、基本みんなゆる~く楽しくプレイしているので、キルレやキル数とかは気にしていません。

前押しのKさんとOさん、盾で先鋒務めるYAさん、ターゲットポイントでガン待ちプレイするMさんと私、猛者プレイのSさんと、得意な戦い方がそれぞれあって、お互いの戦い方や攻め方、守り方もわかっているので、連携とりやすい、楽しくできるチームでしたが、このたび、CoDで猛者プレイヤーだったYさんのチームと合流してプレイしたら、Yさんが大喜び。

「このチームなら、ランクマ勝てる!!すごいやりやすい!!」

Yさんのチームは、前押し気味なEさんとJさんの3人でしたが、全員、キルレ重視しすぎて、常時負け越しだったそうで。
こちらのチームは、誰もキルレ気にしておらず、連携もよく、生き残るのをいちばん重視してます。
結果、3ゲームくらいやってから、Yさんチームがむやみに凸らなくなり、「このままガチで守りにはいって、時間稼ごう」とか、「こっちで敵の気をひきつけるので、ターゲットよろしく」みたいなプレイをするようになりました。
結果、勝率が上がることに。

先日、Eさんがキル11という数字を打ち立てましたが、次のゲームで私が4人に抜き。
男性陣のほとんどが、どうしてもキルしたくて前に出てやられてしまう確率をあげてしまっているのですが、その中でMさんは、上手に相手を引き込むプレイに磨きがかかり、私はガジェット使いではぬきんでていると他の人たちから言われるようになりました。
とくにフロストのお風呂マット(ウェルカムマット)は、1ターンで2人ひっかけることもよくあり、ラストでお風呂マットのおかげで勝利!ってことも多数あって、野良の人からGJ!ってメールもらったことも。

CoDの時の、味方への貢献プレイは、最終的にはキル能力高い人のキルをさらに伸ばすためにプレイする。。。みたいな感じになりがちでしたが、シージの場合は、どのプレイヤーも平等にその部分を担っているし、個人のキルやスコアでは勝敗は決められないというゲームなので、例えばスレッジがキルしていなくても、主要の壁や窓をたたきわってることで大きくチームに貢献する。みたいなことはたくさんあります。

Yさんチームとの合流プレイ、今後どういう形になるかは不明ですが、人数的にはそれぞれですでに5人以上いるので、今後どうなるか。
貢献度がもっとも高く、チームの牽引をしてくれるYAさんをYさんがすごくほしがっているので、果たしてYAさん、今後はどっちのチームでやるのかな?

とりあえず私は、ジョイントチームでランクマデビューしました。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4435-c46ae448