orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

真田丸が面白い!



真田丸に絶賛炎上中です。
日曜日、夜8時には、正座してテレビの前に座っていたい。

どの人物描写も、定型化されたものを完全に打ち破っていて、情のある癒しの徳川家康とか、がんばりたいがために見栄はっちゃう上杉景勝とかで、そのうえ、予想できない展開がある。
すでに我々、熟知している歴史上の出来事、人物を別の視点でとらえて物語を作ると、こんなにも違ってくるものかってほど。

今のところ、いちばんすごいのは豊臣秀吉。
基本、好人物だったみたいな定型を、「最初から怖い人だった」って糟糠の妻に語らせちゃうところ、すごい。
さらに、小日向文世さんが、笑顔が壮絶に黒い秀吉を見事に演じているところで、見ている我々すらもビビるという状況。

「黙れ小童!」で一世を風靡なさった室賀様の最期、おのれの死を覚悟しながらも、おのが矜持を貫いたその姿に我々涙しましたが、次に控えているのが秀次様。
子供のいなかった秀吉の後継者だった彼が、秀吉に男子が生まれたことで、あからさま邪魔者と化し、関係血縁皆殺しにされているのは史実として残っていますが、歴史小説では存在がそこまでクローズアップされたこともないし、細かい人物描写されてるのも、私が読んだ中ではありませんでした。
しかしこの真田丸では、キリちゃんファンの根っからの良い人っぷりで、でもあんまり切れ味はよくなくて、しかしそれをちゃんと自分でわかっていて、秀吉の嫡男が成人するまで、自分がしっかりしなきゃね!っていうような、とっても欲のない人だったりしてる。
秀次様の人物像には諸説いろいろあるけれど、キリスト教伴天連が「好人物で誰からも好かれる穏やかな人」という記述を残していて、今回はそういう秀次様を描いている模様。
赤ちゃんのために風車作ってあげるような人が、今後、曝し首にされて、一族郎党皆殺しにされるって、今からすでにもう泣きそう(涙)

さらに、お茶々が悪魔的な屈託のなさで、自分のせいで誰かが死のうがまったく頓着しないような、明らかに人格的にどっか欠落しちゃった人設定になってるので、これから次々、人が死んでいって豊臣家崩壊していく様の中でどうなっていくか、超怖い。

日曜日放映終了後、Twitterで#真田丸のタグをだだだーーっと見て、知識補填かけて、あらためて考え直してみるとか、これまた楽しく、そこで萌え語りが盛り上がってる気持ち共有するのも、また楽しい。

普通だと、その家が滅んだ理由とか戦に負けた理由は、武将としての力が足りなかったとか、相手が強かった。。。みたいになりがちだけれど、真田丸では、“人としてどう在ったか”って部分が大きく描かれていて、最終的には人間としての力や心が大事なんだなってところにすこんとはいっていってるような気がします。

これからは悲劇展開が続くのであからさまきついのですが、この真田丸、随所に笑いの部分もたくさんあって、そのさじ加減が素晴らしい。
ちなみに今週の笑いのツボは、兄上(わりといつもだが)と平八郎(ライダー一号)でした。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4432-7a150482