orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

新オペレーター ~レインボーシックスシージ

4月にくるという前情報だった新オペレーター、5月9日になったと公式がでました。



レインボーシックスシージ、製作側が、長期的にアップデイトしていくということを最初から言っており、定期的に新しいオペレーターやマップが出てくることになっています。
11月には、日本のSATが投入されることになっていて、超楽しみです。
最初から製作側が、長期的にプレイできるような環境とスケジュールで作っているゲームなので、プレイヤーとしては大変ありがたいです。

定期的に11月に新作が出るCoDも、少しづつ内容が明らかになってきてますが、一部の情報によれば、宇宙船内が舞台で、予約した人には特典て、過去作(MWらしい)のリメイクがついてくるとか。
私は新作の購入は、恐らくしません。。。っていうか、購入予定まったくなし。
フレンドで新作BO3をやっている人はまだいますが、ゴースト以降、CoDプレイヤーは激減しています。
プレイそのものをやめてしまった人も多く、CoDプレイヤーは、ゲームはCoDしかやらない。。。みたいな人も多いことに最近気がつきました。

シージですが、個人的にはCoDの時にようにフレンドを増やすということはあまりしていません。
最初いっしょにプレイしていたグループは、メインの人たちの意向でメンバーが固められたので、私はそこから離れて(というか、はずされた)、たまたま声かけてもらった別のグループでプレイしています。
今プレイしているメンバーは固定メンバーにはなっていますが、それはたまたま、頻繁にインする人たちの顔ぶれが同じってだけで、それぞれのフレンドでプレイしている人がいたら、声かけあってパーティ組んだりしています。

ひとり、私たちのPTにひとり野良がはいってずっと戦ったことがあり、その人がとても良い感じだったので、こちらから声をかけてフレンドになりました。
彼も時々はいってきて、そのフレンドさんも最近、いっしょにやったりしています。

シージでとてもいいなと思うのは、いつもここで書いていますが、ただキルすればいいっていうゲームじゃないこと。
キル能力の高い人は、概ね前押しに出ますが、防衛が得意な人とか、ガン待ちがうまい人、迎撃が得意な人、予測力が高い人など、それぞれの特性を活かしたプレイができます。
相手の裏をどうかくかってのも、もちろんありますが、どう攻めるか、どう守るかってことを考えつつ、他の人の動きやオペレーターの選び方まで、前提にあるのは“勝つための協力”。

例えば、壁の補強をしっかりしてくる敵だったら、テルミットとサッチャーは必須。
野良でも、「あ、誰もやってないなら、自分がやろう」みたいな選択があったりしますし、テルミットが仕掛けやすいように、先に斥候にはいる人がいたりします。
テルミットになった人は、テルミットじゃないと敗れない壁があるので、ターゲットポイントに到達するまでは、出来るだけ死なないようにしなければなりません。

瀕死になった味方を助けることも出来ます。
瀕死の味方、助けられる位置にいたら、基本、野良でもみんな、助けにはいります。

敵の侵入を味方が防いでいるのを見て、脇をつく。。。という戦法も当然あるし、別のポイントにいる味方がわざとブリーチングしたり発砲したりして、敵の隙を作って味方の攻撃や侵入をサポートするのもよくある戦法です。

レベルを見て、まだ始めたばかりの人だとわかったら、ガジェットの使い方や戦い方の基本を知らないことが多い。
それを嫌がる人や責める人は、シージでは見たことはなく、だったらどうするかをたいていはみな、考えます。

CoDでは、新人や弱い人を悪し様にするのはよくあることで、戦績の高い人が低い人にむかって、「お前らのせいで負けた」というのは当たり前って感じでしたが、シージではそういうのは皆無です。

個人プレイでキルを楽しみたいって人には、CoDはとても楽しいゲームと思いますし、シージは戦略や協力の中で、自分の力をどう発揮するかを楽しむゲームかな。。。と。
CoDでキルレの高い人(キルレ3の人とかもいる)でも、CoDよりシージが楽しいといってる人もいるし、逆にキルできなくてつまらないといってシージやめた人もいます。
まぁ、キル楽しむゲームじゃないと思います。

新しいオペレーターは、盾にスパスというとんでもない強武器仕様なので、前押し大好き、盾ラブなフレンドさんは絶対使うだろうなと思っています。


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4421-4af14454