orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

92歳の現役 ~アイリス アプフェル



友人と3人で見に行ってきました。

アイリスの名前も顔も知っていましたが、こんなにすてきな人だとは知りませんでした。
インテリアを手がける会社を夫と経営し、邸宅や美術館の内装も多く手がけていて、海外をめぐって買い付けする生活。
大成功をおさめた会社を売却し、独自のファッションセンスで、今はNYのファッションアイコンとなっている92歳。
すごすぎる。

ハリーウィンストンより4ドルのアクセサリーのほうがときめくと言いながら、オスカーデラレンタの刺繍のジャケットを2着買って、ひとつをズボンにしたてなおしたとか、金額やブランドネームに左右されない、自分のスタイルを確固たるものにしているのが、とにかくすごいです。

ご主人のカールさんともとても仲良しで、その様子がとにかくほほえましい。
子供がいないことについては、「すべてを手にいれることはできない」とはっきり言っていて、自身も乳母に育てられたというアイリスは、母親不在の寂しさや育児の責任や大変さを自分の経験としてもっているからこそ、仕事で飛び回る生活の中で、子供をもたないという選択をしたことを、きちんと話していました。
その潔さ、素晴らしいと思うし、すごいとも思います。

92歳だけど、アイリスはまだまだ現役で、年を感じさせません。
欧米でいいなと思うのは、この“年齢に対する考え方”で、30歳以上の女性を公然と“ばばぁ”呼ばわりして廃棄物扱いする日本とは違い、年を経ての美しさやセンスを確立できること、それに対するリスペクトがあること、そして本人が年だけとってることに嵩にこない態度あることなど、とても素晴らしいと思います。

カールさんは昨年、亡くなられたそうです。
映画の中で、「いつかは妻と別れる日がきてしまう」と悲しそうにいっていて、とても印象に残りました。

友人が、ブルース・ウェーバーがあんなにしゃべるの初めて見た!と言っていて、みんなで「確かに!」ってなりました。
私は彼がしゃべってる映像、初めて見た(笑)

大好きなビルさん(ビル・カニンガム)もちらほら出ていました。

80分の短い映画ですが、とても元気が出る映画でした。
魅力的な人は、年齢に関係ないんだなぁと思うのと同時に、心を老いさせないことも大事だと、あらためて思ったり。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4403-7cdf9f08