orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

あったかい ~福福荘の福ちゃん



森三中の大島美幸さんが男性を演じたってことで、話題になっていた映画です。

いやぁ・・・・・・ちょっとヤラれましたわ。
この映画、すごい。

この映画は、大島さんあっての映画でした。
32歳の独身の男、大島さんが演じてるのに、違和感がまったくない。
大島さんじゃなきゃ、この福ちゃんってキャラは成立しないです。

福ちゃん、すごいいい人です。
ペンキ職人さんだと思うのですが、仕事にまじめ、どんな人に分け隔てなく、裏表なし。
誠実で思いやりがあって、飾り気なく、男らしい。
そして、とてつもなく、やさしい。

福ちゃんは、同じ福福荘に住む住人、被害妄想を煩う野々下君と、東大卒だけど生きるのに不器用な馬渕さんとも親しいんだけど、友達がいなかったふたりとの交流が、ほんとうにもう、泣けるほど暖かいんだ。
馬渕君がピクニックに行った先で、ティッシュくれた野々下君に、「うんこの拭き残しを心配してくれる友達が出来たなんて」って号泣するシーン、爆笑するところ、うっかり泣いたわ。

福ちゃんの親友のシマッチさんも、普通のおっさんだから、がさつで無神経で下ネタ爆裂だけど、でも、福ちゃんを思いやる気持ちが本当にあったかくて、それを荒川良々さんがすごい良い演技で見せてくれます。

男くさくてあったかい福ちゃんの穏やかな日々に、突然乱入してきたのが、カメラマンを目指す美女。
水川あさみがそれを演じていますが、粉々になっちゃった彼女の人生に、「あなたはかつて、誰かを死ぬほど傷つけた。今、あなたにおきていることは、その支払いをしている」ってとある人に言われます。
それがこの映画の柱になってる。

どんな人も、心に闇を抱えていて、誰にも見せない暗い部分を持っています。
恐ろしい部分とか、とてつもなくだめな部分とか、あるいは異常な部分、もしくは弱い部分、そういうのをこっそり隠して持っている。
それとのバランスをうまくとれなかったり、デリケートすぎてそういうものに飲み込まれてしまっている人がいて、でも、じゃあ彼らはだめな人なのかっていうと、そういうわけじゃない。

職場の人たちに馬鹿にされて泣く気弱な新米は、素晴らしい歌が歌える人だった。
自分の気持ちをうまく表現できず、仕事にも不器用すぎる馬渕さんは、初めての将棋でものすごい強さを見せるし、野々下君をとても心配してる。
野々下君は、被害妄想と戦いながら、みんなの幸せを願ってお遍路する。
福ちゃんと喧嘩しながらも、シマッチさんは福ちゃんを心配して、影でいろいろ配慮する。

最後、野々下君のお父さんに、「病気の深刻さに、気づいてあげられなくてすみません」と謝罪した福ちゃんのやさしさに、本気で泣けました。
そして、福ちゃんの笑顔に、本気で癒された。

iPhoneにいれて、元気なくしたり、悲しくなったり、つらくなったりした時には、この映画を見ようと思います。
福ちゃんの笑顔を見れば、きっと元気が出る。

大島さん、名演でした。 

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4382-6f747cc4