orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

いよいよ佳境 ~大奥 新刊



赤面疱瘡をついに根絶するに至ったわけですが、それまでの事を考えると、あまりにも悲惨な話が多くてせつなくなります。

将軍の性格の設定も、今まで私たちが知っていたものとは違っていて、男を女に変えるだけで、ここまで話を広げられるのだなぁってびっくりなんですが、史実と照らし合わせても違和感がないのがむしろ不思議。
これから幕末までいくわけですが、徳川幕府の終焉と明治の始まりをどう描くのか、とても興味あります。
個人的には、男性の数が増えたことで、倒幕になって、具滝的に男女の戦いになっていくのかなと思っていたのですが、そんな安直な展開じゃないようで。
さすが、よしながふみ。

次は家定ですが、脳性麻痺だったとも言われていて、ドラマの篤姫では、わざと馬鹿なふるまいをしていたって事になっていますが、「大奥」ではどんなふうに描かれるのか、楽しみです。
その先にある、最後の将軍慶喜も、いかなる人物として描かれるのか。
もともと女性が主だった幕府が最後の時を迎える際、男女のありようはどうなっているのか。

よしながさんは最初から、江戸時代最後まで描くと言っていましたが、20巻以上になるかと思っていたら、そこまでに至らず、さくっと終わる感じがします。
むやみに話を長くしないのは、さすが。
あとちょっと、そして一番の盛り上がりを見せる部分、どうなるか楽しみです。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4255-55106be3