orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

歌バトル!! ~ピッチパーフェクト



アメリカでは2が公開中だそうで、日本公開が激遅かった映画です。

DJになりたいベッカは、父親の命令で、いやいや大学に進学。
そこで、ひょんなことから、いわゆる部活でアカペラクラブに入部。
コンテスト優勝を目指すことになります。

アメリカの大学アカペラ、はんぱない(笑)
これは、フロリダ大学の女性アカペラの動画。



ベッカが所属する女性アカペラ部、歴史はあるけど、ぱっとしない。
ライバルの男性のアカペラ部を打ち破り、優勝を狙いますが、評価は「ぱっとしないし、面白みに欠ける」って感じ。
歴史を守り、過去のやり方に固執する部長のオーブリーに対し、もっとイマドキなやり方をしたほうがいいと提案するベッカは、対立していきます。

ベッカは個性的でツルまないので、孤立しやすい。
さらに、心をオープンにしないことで、人を遠ざけています。
彼女が仲間と関わることによって、少しづつかわっていく様子が自然でとてもよい。

アカペラ部のみんなも、とても個性的。

ちょっと変わり者の、ふとっちょエイミー、美貌に自信を持つ先輩、不思議ちゃんな韓国系の女の子、「セックス大好き!」なセクシー女子、ガッツのある声を出す黒人女子などなど。
みんなを支配しようとするようにみえたオーブリーが、実はとあるプレッシャーから必死にがんばっていたことがわかるシーンもあって、みんなの心がひとつになるシーンは、ちょっと心があったかくなる。

ベッカを好きになっちゃう男子の一生懸命さも、「きっと星のせいじゃない」の男の子みたいに、清清しくて、ベタな恋愛ものとはまったく違います。

そして、歌。
無茶苦茶いい。
すごくいい。
アカペラってこんなにすごいんだーって、素直に思いました。

アナ・ケンドリクス、「イントゥーザウッズ」や「マイレジ マイライフ」に出ていましたが、苦手な女優さんでした。
この映画では、とても魅力的。
彼女の当たり役と思います。

さわやかで大笑いできる青春映画、お勧めです。
オーブリーが冒頭から、驚きのぶっとばしをやるので、爆笑できます(笑)

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4238-5fd97333