orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

失恋ショコラティエ 完結

ちょっと遅めな感想ですが、「失恋ショコラティエ」ついに完結しました。

なんてんですか、みんな、落ち着くべきところに落ち着いたって感じでしょうか。
爽太はえれなと復縁、サエコさんはお腹の子供引きつれて夫の所に戻り、オリヴィエは爽太妹と結婚、薫子は自分の素直じゃないところを反省しつつ現状維持。
水城せとなのマンガとしては、わりとふつーにハッピーエンドだったんじゃないかと。

このマンガ、少女マンガ連載なのに、まったくもって純愛なんてものの欠片もなかったところがすごい。
二股、不倫、失恋、セフレって項目満載でした。
その中で、モテまくりで、本人自覚で自分でも言ってたけど、「願うことは全部かなう」サエコ哲学は、全女性がメモとってもいいくらい、いろいろ勉強なる(笑)

とはいえ。

現実は、二股かけて挙句にひどい裏切りをした爽太を許すえれなみたいな女性も、他に好きな男がいてうだうだ不誠実なことをしてた爽太妹にプロポーズしちゃうオリヴィエみたいな男も、現実にはそう滅多にはいないと思うし、妊娠しながら爽太と楽しそうに疑似恋愛して、何もなかったように夫のもとに戻ったサエコのように、現実はそううまくはいかないであろうと思われ。

とはいえ。

不実とわかってても、不倫だと知りながら、自分のことを好きじゃないとわかっていても、他に相手がいると知っていても、好きな人のことは好きってのは、人としてどうしようもないものだったりもします。

私はこのマンガの誰にも、共感することはさっぱりなかったんですが、共感とか覚えた人がいたとしたら、どういうところかぜひとも聞いてみたいです。
前に読書会で、しょーもない主人公の男がかつての不倫相手だった女性に再会する話で、そこにいたほとんどの女性が、「思いっきり蹴り飛ばしてほしかった」って言ってたことがあるんですが、この「失恋ショコラティエ」のえれなも、個人的には蹴り飛ばしていただければ、新鮮な展開になったのではないかと。
少女マンガじゃ、それないかな(笑)


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4175-c6f627e2