orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

結婚について

すごいタイトルになった(笑)

先日、うちに遊びにきた男友達が、「俺には信じられない」と言って話した、彼の友達の結婚話。
1年後にパリに転勤が決まったAさんは、「海外転勤になるんだったら結婚するか」ってなって、結婚相談所にいき、二ヶ月相手を決めて結婚したんだそうです。

「好きとかそういうのはないのか?結婚するって決めたら、それで相手探せるものなのか!!」

・・・というのが男友達の大いなる疑問だったのですが、私の答えは「結婚したいから相手を探す人と、この人だから結婚したいと思う人と、人間には2種類いる」でした。
彼の友達は、前者だったんでしょう。

前者のタイプは、結婚率高いと思います。
一定の条件満たせばOKなので、買い物に例えるならば、「シルク素材で黒のシャツ探してる」って感じになるので、対象g広くなる。
逆に「この人」な種類の人たちは、「ユナイテッドアローズ限定販売の、デルボーの赤紫のあのジーンズがほしい」になるので、まずそれがないと話にならないし、サイズがあわなかったら(相手がこっちのこと好きじゃなかったら)、一巻の終わり。

ちなみに、後者のタイプが前者のやり方で相手探すと、大変なことになります。
友人Tさん(女性)、長くつきあって結婚するかと思っていた相手と突然の破局、30歳すぎてからのことだったので、親がパニックになって「すぐに相手探して結婚しろ!」ってなって、親がお金を払って結婚相談所の会員になりました。
彼女は自分で小さいながらも一店舗のオーナーで、週末も仕事。
しかし、いわゆる相談所の見合いのために、大事な土日をそのために時間さくことになりました。
そして彼女がいったこと。

「世の中、魑魅魍魎みたいな人間がやまほどいる」

憔悴しきって、激やせするほどストレス抱えてました。
トラウマになるほどありえない人間に色々会ったらしい。

しかし彼女が「ありえない」と言った部分はそこじゃなかったのでした。
「私は最初から仕事辞めるつもりはないって言ってて、しかも週末も仕事ってはっきり明記しているのに、会った男全員が、『でも、僕と結婚したら専業主婦になってくれるんですよね』って言ったんだよ!!」
中には、年収200万の会社員43歳もいたそうですが、その人ですらそう言ったんだそうだ。

結婚相談所に登録男子の専業主婦願望ってすげー。

「トールちゃん、結婚はお金よ」と明言した幼馴染は、まさに金目当てで2回結婚してますが、その彼女とおかーさんが我が母に持ち込んだお見合い話。

慶応大学経済卒業、実家は県内の大手スーパーチェーン経営、職業「家のお手伝い」→社員ですらない、つまり無職

幼馴染の「一生贅沢して暮らせるわよ」の言葉とは裏腹に、「まともに仕事する気もない男とか、ありえねー」と思った私ですが、わが母はさらに「無職で、しかもこんなインド人みたいな顔の男、会う必要欠片もありません!!」と激怒。
インド人には罪はない。

オタな友人にも未婚は多いですが、ひとり娘な人が意外に多く、中には「墓のために、適当に結婚しろ、子供産んだら、さっさと別れていいから」とさんざん親から言われ、追い詰められて「飲む打つ買うで暴力ふるうような男とでもいいのか!犬や猫だって相手を選ぶ!!」と号泣し、両親を黙らせた人もいます。

そうかと思うと、前者なタイプの人もいて、業を煮やした親が用意したお見合いで、あっという間に結婚した人もいたり。

友人の従姉は、「私は福山雅治と結婚する」って断言していて、本気でそう思ってるそうです。
その人いくつ?って聞いたら、43歳って言ってましたが、希望をどう持つのも本人の自由だからなー。

そういえばゲーム弟なV君が、「俺は、誰かを好きになるとかないと思うので、結婚しなくていいお坊さんになろうかと思います」と言ってましたが、お坊さんも、それこそ跡取り作らないとならないだろうからそりゃ違うだろうと思いました。

ちなみに先日、知人から突然「結婚しました」のはがきが届きました。
その方は51歳。
初婚です。
久しぶりだったし、お祝いもと思って電話したら、「自分でも、結婚するとは思っていなかった」と言ってました。
ずっと外資系企業勤務、マンションも購入していて、ステキシングル満喫していた方でした。
人生、何が起こるかわかりませんよと言っておられました。

みんなが「大きくなったらお嫁さんになるのー」と愛らしく言っていた幼稚園くらいの時、「お嫁さんなんて、結婚すりゃー誰だってなれるんだから、将来なりたいものとか違うんだよ」とか言ってた私は、初期設定からアウェイ感ありありなので、何が起こるか、別な意味でわかりかねております。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4174-cd137977