orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

歪んでいく世界 ~アメリカンスナイパー



今、アメリカでものすごく話題になっている映画で、実話からできてます。
見て思い出したけど、実際のクリス・カイルが亡くなったってニュース、見た記憶がありました。

ひじょうに地味な映画です。
同じ戦争映画でも、「プライベートライアン」の冒頭にあったすさまじい戦闘描写もないし、その種の人たちには未だに支持を大きく得ている「ブラックホークダウン」のような、見ているものの心を削るような緊迫感というのもありません。
しかし、だからといって、“戦争”というものの描写が薄いとか、そういうわけではない。

カイルが最初に撃ち殺すのは、子供と女性です。
女子供が、相手の油断を誘って自爆し、大量の犠牲者をうむのがテロ。
スナイパーは、支援者としての役割から、そういったものを排除するのが仕事です。
彼が女子供を射殺するシーンは映画ではこれだけですが、恐らく現実にはもっとたくさんいたことでしょう。

協力者だったはずの人間が、実はテロリスト。
子供だろうがなんだろうが、容赦なく残虐な殺され方をしていく。
幼い子供がロケランをかまえる。
そんな世界で何を信じていいかと問われれば、それは母国であり、戦友でしかなくなっていきます。
しかし、人が殺されていく世界で、人間の心は削られていく。
ひとり、またひとりと、脱落していく中で、クリス・カイルがなぜそうならなかったかといえば、彼は「自分の国を守る、仲間を守る」という絶対的な使命を自分にもっていたからでした。

911以後のイラク戦争にいった兵士が、身近で2人います。

ひとりは、知人の恋人だった海軍士官だった人。
911発生直後から、600人の部下を率いて出撃、数ヶ月戻りませんでした。
その後、映画の中でも言われている「アメリカ人とわかったら、八つ裂きにされる」地域に派遣。
もうひとりは、親しい友人の夫で、陸軍の兵士。
彼は、まさに前線派遣されていました。
911の事件で、アメリカでは志願兵が増えたと聞きます。
何も罪も関わりもない大勢の人たちが、無残な形で命を奪われていく。
それを目のあたりにした大勢のアメリカ人男性が、「自分にできることはないか」「国を守るために、出来ることをしよう」と考え、その道を選んだ。
クリス・カイルもそのひとりでした。

今、日本では、安部政権の非難批難に“戦争”をあげてくる人たちが大勢います。
私はいつもそういう人たちに疑問なのは、「日本は戦争しないって憲法がありますから」って言って、テロリスト、あるいは明らかに日本を攻撃目標とした国家の兵士たちが、「そうですか、じゃあやめます」ってやめてくれると思ってるのかってところです。
以前、スピリチュアルな人たちが集まる場所で、40代の女性が挙手して、「私は戦争が嫌いです!!戦争なんてなくなればいいって思ってます」と言い、スピーチした人に「素晴らしいですね、意識高いですね」と言われたら、「きゃー、ほめられちゃったー、わー」って大喜びしていたのを目のあたりにしたことがあります。
見知らぬ他人に対して、あそこまでクッソムカついたのは、そう滅多にないことだったでした。

この映画、BGMがありません。
気がついたのは、最後のテロップが流れた時、無音だったことからです。

戦争というものがどれほどにゆがんだものか、この映画は静かに描いています。
しかし、歪んでいるからこそ、戦わなければならないという選択をせざるをえない部分もある。

幼い子供の頭に、ドリルをつっこんで殺すような人間たちを止める人間がいなければ、彼らが銃口を、ドリルの先を向けるのは、もっと多くの子供、多くの人々、多くの国になっていくから。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4172-24ca90d3