orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

扉をあけて ~マダムインニューヨーク



評判聞いていましたが、素晴らしい映画でした。

お菓子作りが得意なごく普通の専業主婦なインド人のシャシは、英語がほとんどできません。
イギリス系の学校に通う娘からは、英語が出来ないと馬鹿にされ、夫は「お前は俺のためだけに料理を作ればいい」と言われる中、内向きな彼女は自分に自信を持つことができないまま、家庭の幸せのために生きています。

そんな中、ニューヨークに住む姉の長女が結婚することになり、結婚式の手伝いのために、単身ニューヨークに行くことになります。
言葉が出来ないことで、しなくていいいやな経験をすることになり、それがきっかけで、シャシは家族にないしょで英語学校に通い始めます。

これはもう、同じ経験をした人にとっては、涙なしには見れない映画で、外国にいったことのない人や語学まったくできない人にとっては、とてもエキサイティングな映画です。

シャシに意地悪をしたカフェの店員みたいな人は、実際います。
いますが、世界中に、優しくて、親切な人たちはもっとたくさんいます。

映画ではさりげなく描いていますが、飛行機に慣れないシャシに言葉をかけてくれた隣の席の人、道や駅で助けてくれた人、いつの間にか手を振って挨拶するようになった駅の警備員さんとか、短い期間でも、外国で暮らしたことのある人なら、同じ経験をしていると思います。
シャシの経験は、同じ経験を持つ人にはもちろんですが、まだ外国に行ったことのない人にも、「こんな感じなんだ。。。」って思わせるものがたくさん。

英語学校も、コンパクトにまとめた描写になっていますが、あのまんまな雰囲気です。
世界中からやってきた人たちが、年齢や職業、宗教に関係なく一生懸命学ぶ。
真面目に勉強しようとする人は、まずそこで、人間に国境や人種はないってことを学びます。

注:日本から申し込める語学学校は日本人ばっかりってところがほとんどで、日本人同士で固まって遊んで終わってしまう人たちも多いので、またちょっと違います

夫から見れば、美しくて料理上手で内気な妻なシャシですが、実際は違います。
優しく誠実で、きちんと自分の意見を述べることが出来る、ひとりの自立した女性です。
八つ当たりする娘、上から目線な夫に、シャシは、「私はそういうふうにされて当たり前の存在なのか」と言葉にします。

知らない世界にやってきて、小さくて無力な自分を晒し傷つき、そこで一歩踏み出すために言葉を覚える。
そこから、家にいたのでは知ることのなかった色々な人たちと関わることになり、彼らの目を通して自分をあらためて見つめなおす。
シャシのたどる道は、それです。

この映画のすごいところは、彼女に熱烈に恋するフランス人が現れますが、結果として、彼女は彼を振ります。
そこがハリウッド映画と違うところ。
思いっきり振りますが、しかし彼の存在は、シャシにとってとても大事で、そして大きく一歩を踏み出す大事な存在でした。
そのフランス人とシャシが、何度もそれぞれの言葉で会話するシーンがあります。
彼はフランス語で、シャシはヒンズー語で、相手に話す。
もちろん内容はお互いにまったくわかりません。
しかし、言葉を超えた“会話”がそこにあるのが、はっきりとわかります。

海外旅行の回数や海外滞在を自慢する人、英語が出来ることがすごいことだと思ってる人は、世の中にたくさんいますが、私はそういうのは好きではありません。
そんなのは、マクドナルドに何回行ったかって話題と同じ程度のものです。
英語できたからって、日本語できちんと対話、会話できなければ意味はない。
自慢する人は、たいてい日本人でも日本語会話が成立しない人が多いです。

外国にいくと、言葉も文化も知らない慣れない所で、たったひとりの自分というのが浮き彫りになります。
そこでは、普段自分が周囲に見せているもの、認識させれているものは、すべて消滅します。
何もない素の自分になった時、自分の本質や本当に、自分が向き合うことになる。

色々な国の人と関わるようになってわかったのは、日本でいやな奴は世界どこでもいやな奴だし、日本で良い人、素晴らしい人は、世界どこでも良い人、素晴らしい人だということ。
これはすごいことだなと思います。
人間の評価は、文化も宗教も国籍も人種も言語も関係ないのです。

シャシが、語学学校のクラスメイトたちを「親友」と夫に紹介した気持ち、すごくわかります。
私が通っていた学校で、自分の国、自分の人生についてスピーチする時間がありました。
私が日本の文化習慣について語り、自分がなぜその時アメリカにいるのかスピーチした後、たくさんのクラスメイトがそれぞれやってきて、「ハグさせて」と泣きながらハグしてくれて、そして「ずっとアメリカにいなさい。日本に帰る必要はない。もし、今世話になっている友達の家に長くいられないのなら、うちに来ればいい」と、みんなから言われました。

「マダムインニューヨーク」は、そういうものをいっぱい詰め込んだ素晴らしい映画でした。
うっかり泣いた(笑)

語学学校の先生のデイビットさんが、オカマのすごいいい人で、胸熱でした。
シャシの夫が最後に、あらためてシャシの素晴らしさを見つめなおすシーンも暖かく、失恋しちゃったフランス人がシャシにいった言葉もすてきで、本当に本当にいい映画だったです。
これから海外に行こうと思っている人、あるいは今、自分に自信を失っている人は、ぜひ見てほしい。

ちなみに、シャシを演じている女優さんが、ありえないほどきれいな人で、それだけでも心癒されます(笑)


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4167-e6b60cde