orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

君の後ろにもオタサーの姫

最近話題の“オタサーの姫”って何?って調べたら、オタクサークルで姫扱いされてる女性のことだそうで、別名サークルクラッシャーのことでありました。
どんな人のこと?って方は、とりあえずこちらを見ていただければ → ここ

見て、「あー、いるいる」ってなりました。
実際、身近で出現したことが何度かあります。
私が見たオタサーの姫な人たちには、共通点がありました。

・かわいくもなければ、美人でもない
・化粧はしない
・ヘアスタイルにもかまわないし、キューティクルは無視
・純真系フェイク、かわいい系演出
・服装は超地味
・自分はモテるという、超自信があるが絶対に表には出さない
・誘いの言葉は「PC/家電がつなげられないから、家に来てほしい」
・あなたのお話聞かせて系

私が見たそっち系の人は、3人掛け持ちしていて「どれがいいですかねー?」とか言ってたり、結婚約束してた相手を夜中呼び寄せて、Hした挙句に別れ話して明け方追い出し、そのまま次のターゲットに「今から会いたいの」って電話したり、してました。
なんで知ってるか。
3人掛け持ちは飲みながら目の前で言われ、電話の件は、電話された男性の隣にいて、その後携帯かわったら本人からそれ直接聞いたから(苦笑)

女性慣れてる、慣れていないに関係なく、さくっと見抜く男性も多かったですが、しっかり騙されてしまって「彼女、かわいいよね」「いいこだよね」という人たちもおりました。
いい歳の大人になってもそれなりの訴求力があるのですから、女性にまったく慣れていないオタクな大学生とかだったら、いい餌にしかならないだろうなぁと思います。
基本、オタク男子は女性に優しいしな。

バブル系とかセレブ系とか、本気でやる気満々な女性陣と違うのは、明らかに容姿の部分では劣ること。
本人も、気を使う気がないと思われ。
おしゃれとかも、まったく興味なかったでした。

あとひとつは、彼女たちの生活ぶりがけっこうやばい。
たまたま彼女たちのおうちに行く機会があったのですが、ひとりは賞味期限1週間近く過ぎた食べ物を平気で食べてたし、お布団の上でポテトチップスばりばり食べてて、北向きのお部屋はカビが出てました。
もうひとりは、「いつ掃除したんかい?」ってくらい、髪の毛がいっぱい床に落ちていて、本棚になってるのは、ダンボール重ねたもの。
オタクがやってるそれと違うのは、本が多すぎてダンボールにいれたままになってしまってるのではなく、手を加えて本棚っぽくしてるのがダンボールでした。
わけわかんないのは、その人、資産家の娘で、エルメスのバッグとか持ってる人だったのに、なんで家具もろくにない、ダンボールが本棚の家に住んでいるのか、わけわかんない。

オタサーの姫な人たちは、こういってはなんですが、B級なので、本気で性格が良い、社交的な女性とか、マジで美人とか来たら、一瞬で崩壊なさいます。
そういう人たちに太刀打ちする術をまったくもっていないので、サークルを守りたい方は、友達でもなんでもいいから、そういう女性を一度、飲み会ないなんなりに参加お願いするとよいかと。

そういえば、ゲームでもそれ系の女性がいらっしゃいましたが、オンラインだとスカイプがかなり有効性高いようですが、みんなでいっしょに会うことはないので、露見しにくいです。

ゲームでひとりそっち系がいらっしゃいましたが、フレンド登録した時はいわゆるバーチャル不倫なさってて、その後、当時よくいっしょにやってた男性陣には絨毯スカイプ爆撃。
あなただけに明かす、かわいそうな私の身の上話をして、ふたりだけでゲームして、蜜ごとを語り合うってのが定石だったそうです。
ただこっちは、実際に会ってるわけでもないので、実害はほとんどありません。
しかし、嘘とかも露見しにくい。
最後に彼女のターゲットになったフレさんがその話をしてくれた際、「彼女、既婚で子供いるよ」「あなた以外にも、みんなにスカイプかけてそれやってましたよ」って言ったら、「マジか」って絶句してました。

オンラインにも、人気者になってちやほやされたい女性がけっこういて、それが目的でゲームやってる人もいます。
ただオンラインだと、リアルの距離が離れてたりするので、わざわざ会いに行くのか?って物理的に大きな問題があり、実際のところ、わざわざ彼女に会いにいくって人は少ないので、実害はないような。

だがしかし、かつてフレンドだった人がひとり、関西から東京までその女性に会いに行き、たった1回会っただけで「俺たち、つきあうことになったんです」になって、その後、「彼女は色々な男(ゲーム友)と仲良くしてるらしい」でノイローゼになり、病院通いになったって人がいるので、実害ケースもなくはない。

なんでそこまでして男タラシこみたいのか、わたくしにはまったく理解不能ですが、非難批判受けるのを承知で正直に言わせていただきますと、たいしてきれいでもなければかわいくもないおねーちゃんが、えげつないほどの純情演技して、かわいこぶりっこしてるのを見ると、ジャングルブーツでその顔に蹴りをおみまいしたくなるので、近寄らないようにしています。
堂々と、「男タラシこんでやるわい!」な気概見せてるのであれば、むしろ爽快なんですけれどもね。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4141-927f1d55