orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

ホラー中のホラーがやってきた~サイコブレイク



「バイオハザード」の生みの親、三上真司氏の作った最新ホラーゲーム、ついに発売になりました。

公開された動画がかなりエグくて期待大だったのですが、ソフト届いたら、なんかコードがついてた。
18歳以上の購入者に配布されたと聞きましたが、ぶっちゃけ、残虐描写度数がどどーん!!と高くなるモード解放のコードでした。

もちろん、そっちでやるさ(笑)

序盤、病院で虐殺が行われてるというところから始まります。
かけつけた刑事は、凄惨なその現場を起点に街が崩壊していく中、いきなり意味不明な場所に飛ばされ、そこでゾンビみたいになった人々に追われながら、レスリーというキィパーソンを追いながら、その世界を進んでいく感じ。

くっそ死んだわ(笑)

バイオハザードシリーズ、初めてのプレイでもそう滅多に死なない私、しかしサイコブレイクはとにかく、やたら死にます。
トラップが多いのがそのひとつ。
どんだけ爆弾に巻き込まれて死んだことか。
あと、主人公は武器もってますが、たいして強くないので、うっかりいい気になって敵倒そうとすると、さくっと死にます。

はっきりいって、雰囲気は「サイレントヒル」っぽい。
いきなり異世界に飛ばされてる、意味不明に襲われる、奇奇怪怪なことが起こる。
サイレントヒルな感じ満々。
違うのは、バイオレンス度が高いこと。
あと、襲ってくるのが明らかに人間って部分。

とりあえず今のところ、くじけそうになるような部分はありませんが、死んで「ああ、ここにトラップか」みたいな感じで進んでいます。

はっきりいって、かなりすごく血まみれ、血みどろです。
だめな人はだめかと。
ホラーというよりは、今のところ、スプラッターな感じがしますが、これから違ってくるのかもしれません。
ちなみに私は今のところ、まったく怖いと感じてませんが、リングも呪怨もエクソシストも怖いと感じない人間なので、普通の恐怖感ってのが欠落してると思われ、普通はすごく怖いかもです(笑)

今は、動画配信者たちがごっそりプレイ動画を配信していて、面白いものもあるので、ゲームしなくてもプレイした気分になってみることが可能ですが、あのドキドキ感とかはやっぱりプレイした人にしかわからないから、せっかくなら、動画見る前に自分でプレイしたほうがいいと思います。

私は名作「サイレントヒル」で、戦うスキルが低い一般市民の主人公にブチ切れて、「さっさと走れよ!」「武器ももってないのかよ!!」「弱い!!弱すぎる!!」と怒鳴りまくってましたが、今回は一応警察官なので、そこまでの切れ味はまだ出ていません。

この種のゲームをあらためてやってみると、コールみたいに1ゲーム完結ではないので長期的にひとりでがんばらなければならず、攻略も、技術やスキルではない、地道に時間をかけてひとりでやるしかないって部分、違いを感じました。
なので、以前より、ボス敵を倒すのに必須な根気が減ってるのに気がつき、面倒くさくなってやめてしまうって恐れが出てきてる自分あり。

このゲーム、はっきりいって、お子さんにはまったくもって向かないので、安易にやらせる親がいたら、かなりまずいと思います。
それくらい、けっこうシビアに残虐描写あります。

PS4は課金制で、管理も厳しくなってきてるそうなので、これからはこういう大人向けのゲームも増えてくるかもしれません。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4105-45ec6942