orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

彼は私と同じ。。。らしい~シャーロック シーズン3まで



放映された分、全部見ました。

原作にある意味忠実に作られているし、上手く現代風にアレンジされてると思います。
とても面白い。
一番面白いのはシャーロック本人の特異な性質で、人をよせつけない孤高の天才と、その唯一の友達となったワトソンとの関係が一番の見せ場と思います。

よく見ていると、シャーロックは、確かに基本的には他人に興味ないですが、だからといって冷徹な人間というわけでもないと思います。
子供を利用した犯罪、個人的にかかわりのある人間が犯罪に巻き込まれた時の彼の反応は、他人のことなんてどうでもいいよって人のものではない。
そこが、同じ孤高の天才のモリアーティとは違う部分と思います。

アメリカで犯罪関係のドラマの制作に関わっている友人(日本人)が、エージェントのはかりごとで、精神分析医のインタビューを受けたのですが、分析医からスギゾイド系といわれたんだそうです。

スギゾイド → ここ

障害があるわけではないので、気質がそっちって事だそうなのですが、彼女いはく、ドラマのシャーロックも、この気質の人なんだそうです。
ドラマがなぜ、そこまで人を惹きつけるのかという部分、滅多なことでは人を受け入れない、信用して心を開くのはごく一部に限られる、感情的な起伏の幅が狭い、基本的にあまり他人に興味ないって人間が、「あなただけには心を開く」ってのが強烈な魅力なんだそうで。
人は、そういう人間が、「自分にだけ心を開く」というのに、特別な感覚を持つんだそうです。

へー。。。って思って聞いていたら、突然彼女がひとこと放ちました。

「矢野ちゃん、あなたもスギゾイド系よ。私やシャーロックと同じ種類の気質」

は???????????(@@)

そこで彼女が、精神分析医から受けた質問を私に投げてきたのですが、ことごとく、見事に、きれいさっぱりスギゾイド気質でした。

いやいやいや。
私、あそこ(シャーロック)ほどに冷淡じゃないし、お友達いるし、あそこまで頭よくないですよ。。。と言ったら友人、「気質だから、気質。でも、それがわかると、色々人間関係に、なるほど~ってなるわよ」と言われました。
んで、色々説明聞いて、実際、「なるほど~」になった(笑)

んで、そのスギゾイド気質な我々が断言するのは、「同じ種類の人間なら、『あなただけは特別』とかはない」って事実(笑)
なので、シャーロックがワトソンに持つ特別な感情は、

やっぱりBLだよね!!

・・・ってことでオチがつきました(笑)→たぶん全然違う

友人が語る私、「普通に愛想いいし、初対面の人とも笑顔で対応してるけど、そういうのはあくまでもマナーだからとか、仕事だからって事で自己処理された結果。大喜びとか怒りとか、親しい人にしか見せない。例えば誰かから相談をされたとして、感情を無視した事態の解決について考えて話すので、とくに同性には嫌われやすい。信頼した人にだけは、感情を吐露するけど、そこまでに至るには時間もかかるし、実は滅多なことではそうならない」。。。んだそうです。

知らなかったわ(笑)

ドラマ製作にはかなり時間をかけているそうなので、次のシリーズがでるのは相当先だそうです。
情報によれば、シャーロックの弟に、アベンジャーズのロキやってた人が決まったらしく、これまた長い顔3兄弟。。。(笑)
曲者ばっかりの兄弟で、どーなっちゃうんでしょう。
じっくり見れるドラマなので、続きが楽しみです。








スポンサーサイト
Category : DVD
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4092-4dc51a89