orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

バイオハザード新作!!

東京ゲームショーで発表だったみたいですが、バイオの新作はリベレーションズの2でした。



主人公、クレア!!
クレアがきたっっっ!!

そして、バリーの娘モイラ。

2011年、襲撃されたテラセイブ、気がつくと、見知らぬ場所に収監されていて、テラセイブの仲間たちは次々惨殺されていく中、クレアとモイラは脱出をはかる、、、という物語だそうです。

トレーラー見ると、リベレーション前作同様、バイオ初期の頃の方式に準じたゲーム仕様、物語、設定になってるようで。

反対の声も多数きましたが、それでも言うけれど、ナンバリングのある本作新作は、熱烈なバイオファンが膝を折るくらい、もう次買わないといってしまうくらいのクソゲーでした。
リベレーションズは本作とは別にスピンオフで出されて、しかもハードが任天堂3DSだったって、多くのバイオファンもアウトなフィールドで発売されましたが、悪評ぷんぷんだった6の後、唐突にPS3でも発売されました。

残念なことに、リベレーションズをプレイした人の数は多くないようで。
1からやってる往年のファンは、世代的にゲーム離れてしまった人たちも多く、逆に4とか5とかでやりだした人は、初期の頃の仕様に興味ないものと思われ。

ところがこのリベレーションズ、かつてのバイオハザードのドキドキ感、焦燥感、敵出現に「きたーーーーーーー!!」な恐怖をきっちり踏襲していて、さらには、最新作の良いところも取り入れて、かなりの良作でした。
物語も、とても良いです。

私は、バイオ1はよかった、同じものまた作れって事は考えてません。
時代とともに、ゲームは進化していて、プレイヤーもかわります。
ハードの中身もかわっていってるわけで、バイオ1をプレイした人だけを対象にしてゲーム作ってるわけじゃないから、変わって当然と思っています。

が。

バイオ6については、悪い方に進化してしまったと思っています。

どんなゲームも、必ず批判非難でるし、クソゲーって言う人はいます。
自分が面白いと思わなければ、人は必ず文句言う。
それが単純に、ただ自分が気に入らないだけでも言います。

バイオについては私は、仕様や内容が変わったバイオ4、バイオ5でも、それはそれでとても楽しみました。
往年のバイオハザードではすでにないというのは承知のうえで、製作者もすべてかわっていて同じものを作る方が、おかしいと思う。

バイオ6の「プレイするのさえ苦痛、バイオだから、なんとかラストまでやった」ってダメージくらった後、リベレーションズやったら、ものすごく面白くて、ほっとした次第。

正直、そのゲームタイトルの骨の部分をどう楽しませるか、どうプレイさせるかを考えた場合、何が必要で何が必要ではないかって、ちゃんと精査すべきて、それを取り違えたのがバイオ6、それを真面目にやったのがリベレーションズと思います。

バイオ6で、ハリウッド映画意識しすぎて大風呂敷広げちゃったゲームになってしまって、本作ナンバリングの次、どーすんだ?と思っていますが、もしかしたら、バイオハザードのスピリッツは、リベレーションズが継いでいくのかもしれません。

いやしかしもう、クレアきただけでもテンションあがりますね!

本編では引退の年齢になってはいますが、ジルとクレアの共闘とかもぜひとも見たいところだ。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4073-ba0e8022