orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

男と女のラプソディ ~モテキ



録画しておいたのを見ました。
原作未読。

まぁ、なんだ。

主人公を巡る人たちに、そもそもまったく好感も共感も持てないし、彼が恋したミユキも同じくで、どいつもこいつも、そばにいたら関わりになりたくない種類の人たちなので、なんですが。

ミユキは不倫中で、不安定な男との関係のフラストレーションで、主人公にコナかける。
それにふりまわされて主人公は、これまたフラストレーションためて、自分のことを好きだって言ってきたミユキの友達と寝る。
ふたりは、「お前だって他の男/女とヤッてんじゃん!」って責め合う。

何やってんすか?(笑)

告白した主人公に、セックスだめ、いっしょにいるのもだめ、キスするのもだめって言ってるミユキですが、いやさぁ(苦笑)、だったら出会ったその日に誘いかけまくってて、あの時主人公がクソ馬鹿真面目でなかったら、そのままヤッチャッててOKだっただろうに、今更何言ってんの?。。。。。。。。。。。と思う私は、女子失格でしょうか。

好きな気持ちは誰にも止められない。
恋は、いきなり落っこちるもの。

だから、暴走もあるし、馬鹿なことやっちゃうし、普段自分が考えもしないようなことやっちゃったり、相手にどん引きされるようなことしたりで、それは誰にでも起こりうることだと私は思う次第。

でも、自分の好きを確認するために、思い通りにならない状況のフラストレーションのはけ口に、本当の相手の好意を確認するために、別の誰かを利用する奴は、だめね。
地獄に落ちるがよい。

そういうのに人生捧げてる、自分だけが大事な人たちは、周囲ことごとく駆逐したので現在、私の周辺には存在しませんが。
世の中、そういう種族な方々は山のように存在していて、私のATフィールド外でのオハナシはよくうかがいます。

最近聞いたのは、女性、美貌の外資系企業重役、男、医者。
不倫関係10年近く、DVあり、金銭関係トラブルあり、男は女に秘密で家族旅行にいったりとか、なんかもう色々聞いたら、「ひーーーー!!(蒼白)」ってなるくらい、韓国ドラマ展開。
ちなみにDVは、女性から男性に。。。でした。

耐えられなくなった男はついに遁走、そして復縁。。。みたいなのを繰り返していて、女性はそんな自分に歯止めをかけるtめに、20歳近く若い男性を囲い、早々に結婚、そのまま彼をつれて外国へ。
若い男は、「彼女といれば、お金に困ることもないし、贅沢できるし、外国にも住める★」だったんだそうです。

話聞いて、「すみません、わけ、わかんないです」って言ったら、話してくれた人も、「私だって、わけわかりません」って言ってました。

そういえば以前いた会社で同僚だった女性、相手の男性の状況とかが悪くなると(例えば仕事で失敗したとか、疲れたりちょっと元気なくなったりしたとか、病気になったりとか)、その人さくっと捨てて、乗り換えてました。

驚きべき点は、すぐさま乗り換えできるとこ。
さらに、相手は真面目で、しかも高収入な人ばかり。

相手が変わると、パーテーションに貼ってある彼氏の写真をすぐに変えるので、社内で丸わかり。
私がその会社にいた間に、少なくとも3人相手が変わり、その間に別に2人、関わりがあったのを実は知ってる。

たまたま先日、友人たちとそっちの話になり、先に書いたふたりみたいな人たちを、果たしてモテてると言うのか?という疑問が出されました。

えげつない表現含むことになりますが、セックスした数や相手の数で自分のモテ度はかる人も多いし、告白された数でそれを言う人も多い。
逆に、「好きな人と相思相愛になれなければ、モテたとは言わない」と言ってる人もいました。

映画ですが、「モテキ」って言うくらいだから、10人くらいの女性からいっきに告白されたりなんだりって展開期待してたら、なんだよ、2人じゃん。。。。。と思いました。
2人くらいでモテキって、世間では言うんですか?

いやはやしかしこの映画に出てくる男女全員、失恋とかそういうのに、男薬、女薬、使いすぎですね(苦笑)

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4050-babcd6a3