orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

そして、ひとりになりました ~CoD 

仕事の方で色々あって、すごく忙しくなりまして。
帰ってきたら、ご飯とお風呂で精一杯、疲れてそのまま寝てしまう。。。みたいな日が増えてました。

ついでに、Gさんの解説と影響で、すっかり遠のいていたサッカー観戦、FIFAはけっこう見てたり。
サッカーのプレイや考え方、コールに通じる部分がかなりあって、ひじょうに面白かったです。
見方も、以前とは全然違う自分がいました。
強い相手とプレイする時どういう考えが重要なのか、強いといわれていたはずのチームがなぜ負けたのか、などなど。
色々考えながら見るのは、とても面白かったです。

で。

サッカー前からですが、ゴーストにインする人はほとんどいなくなりました。
ゴーストが好きではないって事で、MW3やBO2やっていた人達もいましたが、その人達もすでに、ほとんどゲームにインしなくなった感じ。
MW3の時にずっといっしょにやってきた人達の半分くらいは、もうゲームやっていません。
春くらいからたまにしかインできなくなったV君に続き、Gさんも、もうほとんどインしない感じになりました。
喧嘩したことのあるNさんが比較的インしてる以外は、D君がインしてますが、リア友とやっているのでいっしょにはやりません。
CさんとKさんはPS4に移行。
最近フレンドになったYさんとTさんは、もともとたまにしかインしない人達で、時間も違ったりするので、やっぱりほとんどいっしょにやることはなし。

ってことで、ほぼ、完全にひとりぼっちプレイヤーになりました。

正直、ひとりで長くプレイするのは、けっこう疲れます。
ついでに、楽しさ半減する(笑)

とくに私の場合、BO2の時に、ものすごい密に3人でプレイ、練習していたこともあり、そういう仲間がいなくなるってのはさびしいし、ひとりでやるのはけっこう気持ち的にきつい。
やっぱり、フレンドといっしょにワイワイやるのはとても楽しかったなと、今、あらためてしみじみ思っています。
GさんやV君にドヤされ、叱られながらもがんばってたあの時間、半べそかいてましたが、楽しかったでした。

ひとりになって、「さて・・・・・」って、あらためて考えた。

ひとりでもコール、がんばりますか?

残念ながら私、それなりにがんばってはきたけれど、結局弱いままのプレイヤーです。
キルレも悪い。
戦績こそ、そこそこ出せるようにはなりましたし、勝つためのプレイについては、正直、自信ありますが、個人能力の部分ではまったくといっていいほど、まだまだだめです。

離れていった人達はみな、それなり、あるいはそれ以上のプレイヤーでした。
私は全然、その域にも達していない。
自分でも、全然納得していない。

ってことで、「ひとりでもがんばる」という気持ちです。

野良で知り合ってフレンドになった猛者な方、自分の戦績があからさま悪くなったゲームで、自分の兵隊たち(自分の名前をクランタグにしたフレ)も彼の周囲守れずブチ切れた時に、私に向かって怒鳴りました。

「デス量産するなら、どっかイモっててくれたほうがマシ」

キルレ気にして旗にはいらなかった彼ら4人残し、必死に旗を奪取しようとしていた野良と私、デス量産してました。
私は彼の手下じゃないから、彼の言うとおりにプレイする気は毛頭ないし、勝つためのゲームしていたという自信はあります。
ありますが。

コール始めたばかりの時、フレからまったく同じ台詞を言われました。

「デス量産するなら、イモっててくれた方が迷惑にならないから。そもそも矢野さんは、このゲームの才能ないよ。いっしょにやる人の足引っ張るだけになるから、やらない方がいい」

あの時の悔しさとか色々、言葉に出来ません。

その言葉を蹴散らしたいって気持ちが、私をコールにさらに向かわせた部分、大きいです。
大きかったからこそ、数年後にまた、同じ事を言われたって事実、実はショックでした。
そこから全然進歩してない証拠だと思った。
そんなことはないんですけれども、でもね。。。

ひとりになったので、スナイパーに戻りました。
野良ではいるので、味方に多大なる迷惑をかけることにもなる可能性大ですが、かまわん。
相変わらずの下手。
下手なのなら、何つかっても同じなんだから、逆にいえば、何使おうとかまわんだろうと、勝手に思った(笑)

新作が11月に出ます。
その時にまた、フレンドさんたちが戻ってくるのかどうかは、わかりません。
戻ってきてくれたらうれしいけれど、それとは関係なく、自分は地道に腕磨きしようと思っています。

V君とGさんといっしょにやっていた1年、残念ながら、私はかんばしい成果を残すことができませんでした。
追い込んでないでしょう?ってふたりにいわれて、確かにそのとおりなのですが、自分の中のどこかで、「結局は自分はこの程度のプレイヤーでしかない」ってあきらめの気持ちも若干あります。
あるんだけれど、まだ、完全にあきらめたわけじゃない。

あきらめない。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4048-72371e17