orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

残響のテロル 1話



いやー、久しぶりにアニメの感想書けるわー(喜)

音楽が菅野さんって聞いて、「こりゃ見るべー」ってなったのですが、先に見た妹が「これ、今このときにやっていいの?」っていってたのでなんだー?って思ってたら、放射能から始まって、新宿都庁ビル爆破崩壊って、普通に「これ、まずいやろ?」な展開てんこもりの1話でした。

とはいえ。

これからどーなるの?な期待感いっぱい。
この人たち、なんね?な興味深々。

OPがすごい。
久しぶりに、OP見てどきどきしました。
菅野さんの音楽は相変わらず素晴らしいけれど、OP映像も素晴らしかったです。

実は、「東京喰種」の1話も見たのですが、なんかしっくりこなくて「うーん」ってなってたら妹が、「いや、あれないわ。あんな普通に人肉食う化け物が跋扈してる状態当たり前とか、ないない」って言ってて、確かになーって思いました。
個人的には、なんであそこで喰種の内臓を主人公に移植するとか、わけわかんないことやってんの?って疑問もあって、何がしかの理由があるのかもしれないけれど、私の苦手な、〝自分の思うとおりに物語展開させたりから、それに集約するためにご都合主義〟な香り感じたのもあって、その後見る気にならず。

実家で妹に「シドニアの騎士」ここがすごかった!ってのを見せてもらったのですが、それは、巨大宇宙船が居住用から戦闘用に変貌するシーン。
大掛かりに全体が変わるので、がつがつ落ちてくるもの、計算外に破壊されていくものがあり、当然だが、人間もその範疇内。
ってことで、人がばらばら落ちてくる。
落ちてくる人がたたきつけられて肉塊となったらしき、すさまじい血の跡が壁のあっちこっちについてる。

そういうの、嫌がる人や反対する人もいると思うけれど、私は好きです。
語弊があるけど、好き。
そういうの、あるんだよって見せるのは大事だと思う。
妹は、「マクロスだって、本当はこういう感じだったはずって、見てて思ったんだ」って言ってて、そうだよなぁって思いました。

「残響のテロル」見て、あらためて思ったんですが、萌えアニメはもともと見てませんでしたが、いわゆる「冴えない私に、学校で一番人気のイケメン男子がベタ惚れ」ってなのとか、「宇宙に移民した地球人が、圧倒的な科学力でもって、地球に残った人たちを侵略しにくる」とか、「圧倒的な力を持った未知の生物が突然飛来して。。。」とか、もうお腹いっぱい。

よっぽどに作りこんだ、その中にも新しい何かを見せてくれるような、ものごっつーオリジナル性高いきらめきみたいなのがあったら、きっと思わず見ちゃうんだろうけれど、最近は何か定番、定説、同じものの焼き直しみたいに感じる次第。

なんていうか、押井さんのアニメ見た時の、呆然とするような何かに最近出会えてないような気がするんだな。
「グレンラガン」見て、「しまった!!これ、最初っから見るべきだったよ!!」な感じとかね。

もういっこ、妹に今期アニメ見せてもらったんですが、題忘れました。
挙句に、途中で寝ちまった。

とりあえず今期は、この「残響のテロル」を見ます。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4046-501dee09