orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

ウィー アー スパルタっっっ!! ~300 帝国の進撃



前作から7年もたってたんですね。
それでも、パシリムと並んで金字塔な映画であったことにはかわらない、この「300」。

今度は海!って聞いていたのですが、どうするのかと思ったら、基本、300って数字はまったく関係なく、スパルタもほとんど出てきませんで。

じゃあ何やんのよ?って、続編は、レオニダスたちが戦っている間、海で戦っていたテミストクレス率いるアテナイ軍の話でした。

生きる軍神、史上最強の男たちだったスパルタ軍に対して、アテナイ軍はいまいちぱっとしません。
とはいえ、このテミストクレスが知将で、海でも圧倒的な軍力を占めるペルシア軍相手に、ひけを取らぬ戦いをします。
当然だが、男たちの熱い戦い、相変わらず血しぶき飛びまくり、筋肉の祭り!!

そして今回の敵は、なんと女性将軍アルテミシア。
本当はギリシア人な彼女、なぜ母国を滅ぼす決意に至ったかというと、かつて同じギリシアの別の軍に家族を惨殺され、自身も拉致されて船に監禁されて陵辱の限りを尽くされ、いづこかの港に捨てられて死にかけていたところを、ペルシア人(どうやら軍のえらい人)に救われたという流れで、ギリシアには憎しみと復讐心しかない、女傑でありました。

そして、ペルシアの神王クセルクセスがなぜ、神王になったかっていういきさつも、この映画では描かれていて、思いっきり厨二病設定で、個人的には大ヒットでした。
いやこれすげぇよ、ほんと、オタクなら注目すべき点(笑)

海戦なので、肉弾戦は前作よりは少ないし、そういう部分での迫力は若干下がり気味な感じ、しなくもないですが、それでもそこらの映画なぎ倒すくらいの迫力、威力はありました。

さらに、テミストクレスとアルテミシアのセックスシーンがあるんですが、ここがすごい。
私は大笑いしました(笑)
Hなことしながら、バトルってますから、このふたり。マジで(爆)
護衛についてる人たちが、扉の向こうのすさまじい音に、「何やってんねん・・・」ってなるところとか、思わずフイた(笑)

そしてだ。

ここぞって時に 
スパルタ、きたああああああああああああああっっっ!!!ってなるので、お楽しみに。

これ見たら、また「300」見たくなりました。
やっぱりあれだよ、レオニダス率いる300人は最強っすね!!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4038-c344be3e