orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

運命の相手ではない、でも運命の相手だった人~500日のサマー



評判高い映画なのは知ってましたが、やっと見ました。

『これは男女の出会いを描いた物語、でも恋愛の話ではありません』っていきなりナレーションで言われて、「は?」ってなったら、そのとおりの映画でした。

トムとサマーが会社の同僚として知り合い、別れ、そして再会してふたりで語り合うまでの500日を、エピソードを前後させながら描く、編集がちょっと独特の展開の映画でした。

トムが熱病のようにサマーのことが好きで好きでたまらなくなっていく様子、サマーから別れを告げられてその後、ぼろくそになっていく様子は、まさに恋する人の有様ですが、それはあくまでもトムの物語。

この映画のラストを見ると、サマーには別の物語があったのことがわかります。

まぁ、人間なんてそんなものだけどもね。

トムはサマーを運命の人と思ったわけですが、それは確実に運命の人で、でも、トムが思っていたような運命の人ではなかったというのも、実際あるよね。。。と思える展開です。
トムと出会ってつきあったことが、サマーを運命の人との出会いに導くことになっているし、それはトムにも言えること。

そういう意味で見ると、人との出会いや関わりすべてに、“運命”ってものはあるんじゃないだろうかって思えます。

とくに興味なかった人を好きになっていくのと、大好きだった人を嫌いになる、あるいは憎んでしまうようになるのとでは、苦しみの度合いはまったく違うと思います。

大好きだった人、心から愛していた人を好きじゃなくなる、愛を失っていく過程というのは、ものすごいつらいことだし、きつい経験になると思います。
突発的に何かあって、その人の嫌なところを見たとか、例えば人としてどうしようもない部分を知ってしまったとか、そういうのでない限り、少しづつその人を好きだった部分が削られていくのは、大事なものをはがされていくような痛みがある。

トムはその中でもだえ苦しみ、ぼろぼろになる。
そしてその中で、彼の人生の“正しい道”を見つけることになる。

そういう意味でサマーは、確実にトムの運命の人といえるでしょう。

運命の相手に出会った時の神様のサインみたいなものも、この映画、すごく上手く描いていました。
見ていて、「おお!!」ってなった。
この部分は、自分に照らし合わせて考えてみたりしてもいいかもしれません。

個人的に、トムが勤めていたグリーティングカード会社の社長さんがとてもいい人で、ほっこりしました。
ああいう人が経営者だったら、上司だったら、救われるよなぁって思いました。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4009-bdeefc31