orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

ノエイン 再視聴中



見たら2005年の作品でした。
そんな前か。。。

私はDVD全話そろえるとかあまりしませんが、これはボックス発売するかどうかまったくわからない地味なアニメだったので、1本づつ買ったという思い入れの深いアニメです。

函館に住む小学生のハルカは、ある日突然、正体不明の男たちに襲われ、それと同時に、やはり正体不明の男に助けられます。
男たちはラクリマと呼ばれる異世界(実は現在の地球のパラレルワールド)から、自分たちの世界を救うキィとなる“龍のトルク”なるモノを探し求めており、その“龍のトルク”はハルカ本人でした。

この物語は、悔恨の物語です。

大事に想っていた幼馴染の女性を救うことが出来なかった、世界を救うためにその犠牲として彼女を差し出すことしか出来なかった男が、悔やんでも悔やみきれない想いと己の力のなさに抗い、自分の世界を滅ぼす覚悟で“ひとりのハルカ”を命を賭けて救おうとする話です。

カラスは、自分の世界ラクリマのために、パラレルワールドの中の幾多の世界で多くのハルカを探し出し、犠牲にしてきました。
それでもラクリマは救われない。
何人ものハルカを犠牲にしても変わらない世界に、カラスは、“ハルカ”を守る決意をします。
けれど、それはカラスの知るハルカじゃない。
カラスといっしょに時を刻んだハルカじゃない。
カラスを知ってるハルカじゃない。

そして、カラスが救おうとしているハルカと共に生きているのは、その世界のカラス“ユウ”です。
戦う前にあきらめてしまう、守ろるべきものを守る前に手放してしまうユウに、カラスは怒りを抑えることができません。
それはかつての自分。
ハルカを救えないまま、後悔するだけのかつての自分だからです。

この物語はあまりにもせつなく、哀しいのは、ハルカの生きている世界がカラスにとって、まだ未来を見ていた、悲惨な現実を知ることもなかった過去につながっているからです。

ハルカの愛犬は、カラスに吼えることなく、鼻を鳴らして尻尾を振ります。
それは、自分といっしょに遊んでくれている“ユウ”だから。

フクロウが消えた時、フクロウを知らないアイが涙するのは、彼はアイが好きだったイサミの未来の姿だから。

この世界のハルカが救われるということは、カラスたちが生きている世界が壊れるということにつながります。
ひとりを救うのか。
世界を救うのか。
その選択は、あまりにも厳しく、重い。

私が今の自分の年齢でこのアニメを見ると、カラスの視点が一番近くに感じます。
大人の自分が、何も知らなかった自分の子供の頃を見、今は亡くしてしまった大事な人たちと再会し、失われてしまった大事なものをあらためて知るのは、つらく、哀しい、せつない、厳しい経験になる。

カラスがその中で何を考え、どうしてあの選択をしたか、それを考えると涙がこぼれそうになります。

タイトルにもなっているノエインがいったい何なのかは、このアニメの重要なキィワードになります。
ユウが、どれほどの後悔を抱えていたのか。
世界を壊してしまえばいいと思うほどの悔恨とはなんなのか。

カラスはハルカにとって、ヒーローでもなければ、救済の王子様でもありません。
この物語は恋愛もなければ、選ばれた女の子の話でもない。

ユウは、カラスになりえない。
なることもありません。
それもまた、ひとつの大きな悲劇でもあることが、ラストを見るとわかります。

赤根監督のアニメは、心から大事に思いあう男の子と女の子は結ばれません。
結ばれないけれど、時を超え、時空を超え、その絆は絶対的なものです。

「ノエイン」でもそれは同じ。
ハルカにとってのユウは今ここにいます。
けれど、命を賭けて自分を救ってくれたカラスは、彼女にとって、かけがえないのない、永遠の、大事な人になる。

それはおそらく、カラスが救われるたったひとつの本当だと思います。

ノエイン、私は本当に好き。


拍手コメントのお返事:

どいさん:

本当にどっちも、やめちくれー!って感じですね。
これ以上、黒歴史作らなくていいから!って思います。
見るかどうかはまだ未定ですが、今の時点では、お知らせも見るのが怖いですw

04/23 20:00の方:

蟲師は放映時から見ていて、DVDボックス買いました。
ひゃっこくなるってアニメでありましたっけ?
私は「やまねむる」が好きです。
第二期も楽しみですね。
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/4006-7209e547