orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

やばい!(笑) ~銀座松屋ムーミン展

前評判ですでにけっこう話題になっていた銀座松屋のムーミン展、初日で行ってきました。

ムーミンといえば、幼かりし頃にアニメで見たり、本読んだり、我々日本人にも馴染み深いキャラクターです。

今回のムーミン展は、作者のトーベ・ヤンソン生誕100年記念にちなんだもの。
この100年記念では、世界中でコレクターがいるムーミンマグカップを作っているアラビアでも、特別マグカップ出してます。

ちなみに私、これ予約して買いましたが、6個に1個の割合ではいってるという内側にメガネのイラストがはいってるマグカップ、壮絶な争奪戦だったらしいです。
電話した時、店の人がパニクってました。

で、ムーミン展ですが、そのトーベ・ヤンソンのイラスト原画の展示です。
挿絵やスケッチなどなど。

これから行く人へのアドバイスですが、平日昼間でも、とんでもない混雑でした。
この様子だと、週末はさらにとんでもないことになるのは必至。

とくにトーベ・ヤンソンに興味ない人でも、「あら、ムーミン?知ってるわぁ」程度で見に来てる人も多数います。
よって、絵を鑑賞するという感じはかなりありません。
言い方は悪いけど、とりあえず見に来たって感じの人、多いです。

よって、美術鑑賞な状況ではありません。
連れのある人同士で絵の前に立ち止まって話してたり、カップルが手つないでゆらゆらしてたりするので、列の進みがかなり遅い。
列が動くのを待っていたら、とんでもない時間がかかるので、ここはさくさくっと上手に見ていくことをお勧めします。

イラスト、とにかく小さいです。
照明も落としているので暗く、相当に近づかないと見れません。
目の悪い人はメガネ必須。
小さいので、ちょっと離れてみるってのは不可能です。

イラストの展示が大人目線なので、小学生低学年以下の子供には鑑賞不向きです。
列もすごいし、人ごみもすごいので、悠長に子供に見せてる余裕ない状況です。
赤ちゃん連れの人がふたりいましたが、赤ちゃんが高音最大音量で泣き出したので、入り口すぐで出ていきました。
ベビーカーとか小さい子供とか、物理的に無理です。
アニメのムーミンではなく、あくまでもトーベ・ヤンソンの挿絵展なのを念頭にいれておいたほうがいいかと。

物販ですが、グッズが結集してます。
ファンだったら確実にタガがはずれるレベルですが、レジの列がすさまじいです。
コミケの大手くらいの列。
平日の昼間でこれなので、週末はさらにとんでもないことになると思われ。
ただ、レジの個数は多いので、わりと早くには進みます。

平日昼間であれだけの人だったので、週末とかもう想像を絶する人出になるんじゃないかと。

mu1

で、肝心のイラストですが、素晴らしかったです。

カラーもありますが、やはりなんといってもモノトーンのイラスト。
すべて、インクで描かれてました。
どれもこれも小さいくて緻密。
ムーミンの世界に脳内一色になります。

図録は、ファンなら絶対買う事をお勧めします。
ムーミン柄のエコバッグにはいっていて、図録そのものがとてもかわいい。
2000円でした。

あと、この展示会だけで売られているグッズもあるので、それもチェックしたほうがいいかと。

mu2

松屋はいつもこの種のイベントをやりますが、ファンの心確実に掴む企画ばかりで、ちきしょー!!って気持ちになります。

あと個人的には、、、ですが。

ミッフィー展、スヌーピー展、そしてこのムーミン展と、そういう子供の時から馴染みのあるキャラクター関係の企画展は、いわゆる美術館鑑賞に経験値ほとんどない人が多いです。
うるさいとかはありませんが、基本的なマナーの部分も、美術館慣れした人からみると相当にイケてません。

絵の前で複数で固まってそのまましゃべってるとか、絵見ながら(でも実はちゃんとは見てない)関係ない話してる人たちとか、手つないでふたりの世界にはいってるために周囲ガン無視で列を止めるカップルとか、必ずいます。

デパートでの企画展だと、外商やメンバーの人に無料鑑賞券配布されたりするので、無料だからついでに見る?とかいう人も大勢います。

ってことでだ。

今回のムーミン展、たぶん、個人的に見た中で、過去最高に混雑予想されるので、これから行く方は覚悟して、しっかり日程調整していくことをお勧めします。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3997-594fd348