orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

真実の愛はそっちじゃなかった(笑) ~アナと雪の女王



ディズニーの映画は基本苦手で、大人になってからはほとんど見てません。

なのになぜこの映画を見ようと思ったかとういえば、本来、ディズニー的に悪役なはずのエルサのこの歌聴いたからです。



「私は私のままでいい」って、吹雪の中で孤独に、でも高らかに歌う彼女の姿は、すてきな男性に出会い、その人のサポートを得ながらそれまでの自分を捨てて、ふたりの愛の世界に生きるのよ!なディズニーと明らかに違っていた。

この映画、アナが主人公なんだとは思うのですが、物語そのもののメインは明らかにエルサです。

特殊な力を持って生まれてしまった彼女が、人に危害を与えてしまう可能性のある力を隠す、コントロールするために人との関わりを絶って城の奥深くに引きこもることになる。

エルサがLet It Go を歌うシーン、私はこのままでいい、今私は解放されたのよと歌っていながら、それは寒い凍った世界で、彼女はそれまで妹のために、人々のために自分を抑えてきた。
誰かのために必死に自分を抑えてきた人が、自分を犠牲にしてきた人が初めて自分自身を自由にできたのが、そんな厳しい世界だったというのが、あまりにも悲しい。
せつない。

それに対して、かつて親密だった姉を想うエルサが、必死に姉を追うシーン。
コミカルだけれど、それを支えるのは真摯で純粋な想いと願い。

ここでいつものディズニーと違うのは、アナはやっと見つけた真実の愛の相手を、姉を追う旅には伴わないこと。
アナはひとりで凍った世界に赴くのです。
そして、そこでひとりの青年に会い、彼の助けを借りることになる。

この映画、ふたりの違うタイプの女性の自立を見事に描いているなと思いました。

すてきな彼がいれば、勇気も得られる。
すてきな彼氏が、私を救ってくれる、助けてくれる。
彼がいたから、私は変われたの。

アナは、このディズニーセオリーをばっさり切り捨ててしまいました。

みんな、アナに言います。
「は?会ったばかりの男に、運命の相手とか真実の愛とか、何言ってんの?」

この映画、最初は当然ながら、エルサが悪役だったんだそうです。
そのあらすじで作曲を依頼された作曲家夫妻が、どうしてもエルサという人物を捉えきれず、その中で生み出されたのがLet It Go。
この曲を渡された監督が、この曲をもとに、出来上がっていた物語をすべて書き直し、今の物語になった。

ちなみにラストですが、この映画のテーマである真実の愛、「え!!そっち???」って、思わず大笑いしました。

しかし確かに、あれは真実の愛。
たぶん、あの映画の中でもっとも重要な真実の愛です。





スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3988-0fdf600d