orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

何をもって強いというのか ~コールプレイ

コールプレイその後。

キルレは飾り。。。ということを言う人もいますが、それは良いキルレを出せる人が言える言葉で、私のように出せない人間がいったら、ただの負け惜しみ、戯言になります。

ガチ武器、ガチ装備でやっても好成績はでない私が、あえて難しい武器を使うのは、修行のためですが、あからさまだめな成績を出せば、当然気持ち落ちます。

現在は、その部分での自分の葛藤、自分との戦い中。

くだんのNさんについてですが、相変わらずメンバーにははいっています。
メンバーだった人の中には、彼のIDを削除した人も数人でていますし、Cさんはしつこい誘いとスカイプ乱入に激怒して、彼の知らないアカウントでプレイ始めました。

結果、新しいアカウントでプレイしたりしているGさんかV君のところに、スカイプインを確認したうえでNさんから「メンバーいれてください」という連絡がはいる状態に。

ふたりはなぜか決して断らない人たちなので、結果、NさんはPTにはいってきます。

最近またコールに復帰してるKさんがその前後の状況知ったうえで、「あの人、GさんやV君がいる時はあからさま態度違うね。暴言はかないし、矢野さんに対する態度も明らかに違う」と言ってました。
「あの人といっしょにやって、楽しいって感じる人なんていないと思うよ」とも。

男性諸氏は、そういうのにいちいち目くじらたてず、「野良がひとりいる」という気持ちでやってるようです。

ちなみにNさん、話し合った時にGさんに、「自分もサーマルサプで芋りプレイを捨てて、旗に凸るプレイします」と言ってましたが、それからまだ日も浅いのに、結局もとの隠れイモプレイに戻ってます。
Kさんがそれを見て、「Gさんが何も言わないからいいと思ってるんだろうけれど、何も言われなくなったら終わりなんだよな」と言ってました。

先日、男友達と食事をした際、コールの話がでました。

Gさんの話をしたところ、友人「もうゲームの話じゃないね。ガチだね。なんというか、さすが、プロでやってた人の考えは違うって、まさにそういう感じ」と言ってました。
「最初から見てる場所が違うよ」とも。

そして言われた。
「よくそれについていってるよね(笑)」

相手はサッカーで世界の壁を見た人なので、私がそれについていけるわけはないですが、確かに、考え方とかメンタルの部分では、大きな違いを感じます。
人間、やっぱりひとつのことをそれなりのレベルまでやった人というのは、明らかに大きな違いがあると思う。

そういう人なので、私に何か言ってくるときもガチです。
ちょっとでもヌルいことやったり、言ったりしてると、即効ツッコミはいります。
ごまかしも、甘えた言動も許されません。

逆に、がんばっても結果が出せなくてがくがくになってたり、もうやめます。。。みたいになってると、がつんと後ろから蹴りあげて、サルベージされます。
努力し、がんばっている限り、何がどうあろうと、見放されることもないし、結果がどうあろうと応援してくれます。

こういう世界は知らなかったなぁ。

部活とか、あるいはガチでスポーツやってる人とかは、こういうのは当たり前なんでしょうか? →全然知らない世界

コールやらなければ、こういう世界や関わりも知らなかったわけだし、スポーツ系なマインドでここまでがんばるってこともしないでいたので、自分としては新鮮です。

ただし、マジきつい(笑)

私はもともと自己評価とても低いので、「いつまでたっても下手なまま」と思っていますが、野良でやると、上位3位にはくいこむこともよくあります。
とはいえ、フレンドはみな上手い人たちなので、相変わらず最下位な立場。
猛者と呼ばれるにはほど遠く、模索しながらプレイの日々。

どこまで出来るか、あとはそれだけかなぁって、今はそんな感じ。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3981-6004d89d