orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

本当のカウボーイ ~ダラスバイヤーズクラブ



主演のマシュー・マコノヒーがアカデミー賞を受賞した作品。
見て納得の、素晴らしい演技でした。

薬と酒と女に思いっきり楽しむテキサス男の電気技師ロンが、仕事中のちょっとした事故で搬送された病院で、エイズであることを告知され、余命30日を宣告されます。
エイズはゲイの病気だという認識のほうが一般的だった当時、ロンは医師の言葉を信じず、けれど自ら図書館に行き、様々な文献や論文、医療記事を読んで、そこで自身がエイズであることを確信します。

治験中のエイズの特効薬を裏で入手するも効果は上がらず、メキシコにある非認可の治療院で受けた治療での効果に確信を得たロンは、あの手この手でその治療薬をアメリカに持ち込み、ダラスバイヤーズクラブという会員制のクラブをたちあげ、その治療薬をエイズ患者たちに配布するようになります。

この映画は、敢然とエイズに向かい合い、生きるために戦った男の生き様を描いています。

がさつで荒くれ者で、ただの女たらしにしか見えないロンですが、本当の意味で優しく、思いやりにあふれ、そして勇敢です。

大怪我をした移民労働者を放置していた人々に「すぐに救急車を呼べ」と言い、オカマの友人を罵倒したかつての友人に敢然と抗議し、治験で命を落とした友人のために激怒します。
エイズと判明してから、セックス三昧だったのにまったく女を抱くことはなくなり、薬をやめられないビジネスパートナーに忠告をします。
そして最終的に彼の行為は、治療の方法も見つからなかった当時のエイズ患者に、希望を与えることになります。

すごいのは、ロンは、決して誰かのためにそれをやっていたわけではないというところ。
あくまでも金のためだし、自分の命のために、やっていた。

けれど、彼は真の男、真のカウボーイだった。

その彼の生き方が結果的に、多くの人々を救うことになったのだと思います。

死と隣り合わせで生きながら、ロンは明るく笑顔をふりまき、口汚く罵倒し、戦い続けます。

「生きるのに必死すぎて、生きている実感がない。生きている意味がない」と、たった一度だけ、静かに語るシーンがあります。
せつなく、美しく、胸に迫るシーンでした。

相変わらず邦画では、障害、病気、死に関係するものがあふれてますが、どれもこれも情に訴える、「泣けるでしょ!」映画ばかりです → と私は感じてる

「私、ここにいていいの?」とか、「あなたがいてくれるからがんばれる」とか、「こんなにがんばってるのに」とか、そういう言葉が並び、本人も周囲も涙に暮れるものばかり → と私は思ってる

「ダラスバイヤーズクラブ」は、そういうセンチメンタルなもの、情に訴える濡れた子犬系なものを、根こそぎ駆逐し、蹴散らして嘲笑するような映画でした。

この話は実話で、ロンは実在した人です。
余命30日と言われたロンが、どう戦い、どう足掻き、どう生きて、そしてどれだけ生きたのか。

本当にぜひ、この映画を見てそれを知ってほしい。

泣くようなシーンはまったくありませんでした。
けれど、心に響く、心に残る、そしてもう一度みたいと思う映画です。


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3979-9670352c