orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

コール、最近のプレイ

拍手コメントのお返事も兼ねて、コールプレイ近況について書きます。

ゴーストになってから、ごそっとフレンドがいなくなりました。
いや、いなくなったというよりは、コールをやめた人が大勢出たという方が正しいです。

理由は、長くやってきて飽きたってのもあると思います。
武器やらマップやら仕様は変わっても、基本同じゲームですから、やることは同じなので、まぁ、飽きるというのも当然あるでしょう。

ただ、やめた人はほとんど、同じタイプのプレイヤーです。
基本、強いプレイヤー、強い武器を使い、基本大勢のPT(できればフルパ)を組んで、弱い敵を相手にレイプゲーを好む種類の人達です。

内容もやってることも何年も同じだから、個人的には、そりゃ飽きるだろうと思ってます。

もうひとつ。
ゴーストはマップが広いので、力押しのゲームはしにくいです。
待ちの人の方が有利だし強い。
戦略的な動きをしないと勝てないゲーム内容も多いし、強い人集めれば当たり前のように勝てるゲームばかりにはなりにくい。

そういう人達の中には、MW3やBO2といった過去作に戻った人もいます。

今ゴーストに残っているのは、最近動画配信を始めたKさん、コールを愛してるCさん、盾師Sさん、Cyac参加予定のR君、そしてGさんとV君と私です。
それでも、みんなのイン率は確実に下がっているので、私ひとりでプレイすることも増えました。

GさんとV君の熱が下がり気味なのは、やり込み度が低いゲームだからです。
個人が挑戦するポイント(ダイヤ迷彩取るとか)が少ないうえ、その少ない挑戦中にフリーズ多発してやる気をさらにそぐ結果になってます。

その中で、ずっと試行錯誤してきた私が、少しづつ高い戦績を出せるようになってきました。
GさんやV君が「そんなことをしても意味がない、エイムの方が大事」と眉をひそめ、結果、ふたりが始めた修羅修行のメンバーからもはずされる事になった、『マップをきちんと見ながらプレイする』『敵の位置やタイミングを読む』練習、じっくりやった成果が出ました。

基本的なことですが、きちんとできていなかった私は、撃ち合いに持ち込むことがそもそも出来ていなかった。
今は撃ち合いに持ち込むことが出来るので、やっとエイムを磨くというところにいます。
キルレの数字を気にすると楽しめないし、そもそも誰もがクソプレイに転じていく事になるので、1ゲーム内でのキル数に集中して、完全な凸プレイで出来るだけ撃ち合いをしてエイムを磨くプレイに徹しています。

先に書いたNさん、ご指摘あった通り大学院生で、社会人経験がありません。
コメントくださった方の慧眼にびっくりしました(笑)

PS3にはインしてもゲームは立ち上げず、Gさんをずっと待ってて、彼がインしたら即効彼に招待を送るというやり方を、ゴーストになってからずっとしていました。
あまりにあからさまで、正直、嫌悪感のほうが先にくるようになってたり。

注:招待を送るのは、誘ってくれという意志表示でもあります

こちらがPTになってると、Cさんや私に大量に招待メールを送ってくるのもよくあることでした。
Gさんと私はよく、ゲーム内容について色々話し合ってたりするのですが、「今、話してるので」と断ると一瞬止まりますが、10分後とかに再開してくる。
大量ってどのくらいかっていうと、ドミネーション1ゲームやってる間に7通~15通くらいくる。

そりゃ、うざいわ(苦笑)

3人で話し合った後、一応、またいっしょにプレイすることは承諾しましたが、フレンドは復活していません。
する気はまったくない。
他の人達とはフレンドですから、PTにいるのはかまいませんよってそういう意味でした。

が。

GさんとV君、挑戦するために新しいアカウントを作るのが習慣になっています。
で、かの1件があった後、ふたりは新しい挑戦のために新しいアカウントでプレイしているので、Nさんとはフレンドではありません。
たくさんアカウント持ってるGさんがインしてるかどうか知るためにフレンド登録してた私が、もうNさんのフレンドではないので、Nさんは状況がわからなくなりました。

さらに、Nさんが私に対してやった事に、誰の誘いも断らず、誰でも誘い、フレンドにはみな平等に応対していた温厚なCさんが怒って、Nさんからの誘いはいっさい今後受けないと宣言しました。
いっしょにやらないわけじゃないが、誘いがあっても自分は受けないし、自分からも誘わないということだそうです。

最近も、Cさんのフレンドの人と私の3人でプレイ中、Nさんから大量(その時は合計11通)の招待がきたそうですが、Cさんは「僕は誘いませんよ」と我々に言ってました。

コールを長くやって、男の人と女の人では、考え方や受け止め方、対応に大きな違いがあるなと感じる事が多いです。

私は相当にロジカルで感情的になることはあまりないので、女性的思考というには違う部分もかなりあるとは思います。
フレンドの人達も、私が女性であることで特別視することもないし、女だからどうこうってのもないし、そもそも「普通の女性はこんなゲームやらんわ(笑)」といってる人達なので、私もそういう状況にあります。

そういう中でも感じる違いは、例えばNさんのような、みんなにあからさま好まれない人がフレンドの中にいても、男性陣は基本、自分から切ったりはしないし、誘い合います。
あからさまクソプレイしていても、批判も非難も、基本しません。
スルー力超絶発揮、普通に会話はしてるけど、実のところは彼を認めてるわけでもなければ、フレンドとして好きなわけでもない。
実際、そのあたりについて話題になった時、出来ればいっしょにやりたくないし、好きでもないとはっきり言いながらも、「まぁ、フレンドですし。PTにいたら、思いっきりスルーですね」とほとんどの人が言ってました。

GさんとV君は、スポーツマンシップにのっとりすぎて超絶フェアマインドの人達なので、私のNさんへの態度(Nさんが失礼なことしまくってたので、私は態度がとっても悪かった時期がある)を「そういう態度は良くない!!」と叱ってきたことまであります。

私は、短い大事な楽しい時間を、わざわざいっしょにいて気分の悪くなるような人や失礼な人といっしょにすごすなんて絶対にいや!という考えなので、彼らの考え方はさっぱりわかりませんでした。
(ちなみに、リアル友にもこの話してみたが、みな私と同じ考えでした(笑))

が。

あの1件の後、Nさんといっしょにプレイしている人はたぶんいないと思います。

女は面倒くさいっていうけど、男も十分面倒くさいと思う(笑)


コールやってて一番良いと思うのは、男女差が基本、ないという部分です。

このゲームはスポーツにとても近いと思うのですが、実際のスポーツを男女混合でやるとか、絶対にありえません。
あからさまな体力差がありすぎる。

でも、ゲームではそんなものはありません。
あるとしたら、手の大きさくらいなものでしょう。

MW3でドミネーショングループからはずれたのは、このままだったら上手くならないと思ったからでした。
ひとりになっても、上手くなるためにプレイしていきたいと本当に思ったから。
コール始めたばかりの時、とある人から「才能ないからやめたほうがいいよ。いっしょにやってる人達の迷惑になるだけでしょ」といわれた悔しさを、そのままにしておきたくなかったから。

ひとりでプレイ始めた私に、Gさんが「俺でよければ教えます」と申し出てくれて「ぼろくそにやられても、少数でがんばってみましょう」と言って、いっしょに戦場に出てくれるようになったのが、Gさんと親しくなるきっかけでした。
Gさんは、いつも同じようなレイプゲームばかりするのに疑問感じていた時だったんだそうです。

常に挑戦を続けるGさんのプレイに惹かれて、Gさんとフレンド登録したV君がその後参入。

3人でプレイ始めたのは、そういう流れでした。

喧嘩もしたし(正直、私が泣きそうになるくらいすごいものだったりもした)、激しく議論しあったり、励ましあったり、愚痴こぼしたり、色々ありました。

ふたりには実力が及ばない私が、自信なくして目標見失いと、ふたりがものすごい勢いでどつき、がし!!と腕をつかんで引き戻してくれたことも何度か。
私がよれて、甘えた事やナメたことをやって、ふたりから激怒されたことも何度か。
もう二度とふたりとはプレイできないだろう。。。とか思ったり、フレンド切られるな。。。とか思ったことも何度もありました。

誰だかわかりませんが、Gさんに「Gさんは矢野さんに甘すぎます」と言った人がいたそうです。

私、それ聞いて思わず、「あれを甘いとか、お前がここにきて、私のかわりに激飛ばされて、しごかれてみろ!」と叫びましたが、それ聞いてたGさんが「知らない人にはそう見えるんですねぇ」とか笑ってました。

ひとりで野良で出て、トップスコアも出せるようになってきました。
まだまだ猛者には遠いですが、チームの勝利に貢献できるくらいには、そこそこ撃ち合いに勝てるくらいにはなってきました。

Gさんの引退表明がそう遠くないので(個人的事情により)、その時まで、3人でがんばっていかれたらいいなと思っています。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3973-95b9341f