orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

ツッコミどころ満載 ~ハンガーゲーム2



2014年最初の映画でしたが、残念無念な感想です。
ちなみにネタばれあり。

カットニスの存在がそれぞれの地区に与えた影響は大きく、暴動や反抗運動がおき始める中、政府側は、それを鎮圧するためのハンガーゲームを設定します。
それは、各地区の過去の勝利者たちの中から再度挑戦者を選出、生き残るのはたったのひとりという設定。

・・・って事なんだが、なんでそれで暴動鎮圧につながるのか意味不明。

実は、ゲームメーカーも革命側だったってのも、色々策略があったってのも、監視されていたからカットニスたちに伝えられなかったって理由も、だったら他の地区の人たちも同じだろうって事で、意味不明。

他の参加者の半数が、カットニスのために命を投げ出すことに同意したってのも、理由が不明瞭なので意味不明。

カットニスがゲーム参加中に、彼女の故郷が爆撃で破壊されつくしたってのも、労働地区を破壊すれば、産業を前面委託いているシティサイドの存続に関わることで、なんでそんなことするのか意味不明。

そもそも、カットニスがそこまでの価値と意義を持つ存在に見えない。

さらに、ハンガーゲームっていったって、まったく殺し合いしてない。
とくに今回は、ただのサバイバルゲームになってます。

ってことで、映画は当たり前のように【続く】ってしてきたんですが、個人的にはなんかもう別にどうでもいいよ?な気持ち。

2014年最初の映画でしたが、面白かったとは言いがたい感想でありまする。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3947-639ad914