orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

その人の成り

たまたまGさんとふたりのPTで、コールプレイしてた時。

敵チーム、6人のうち1人が、完全にイモって旗にまったく絡まず、サーマル(熱源で敵を判別する、敵を見つけやすい装備)装備の武器にインコグ(相手のサーマルや探知にひっかからない)つけて、隠れた場所から敵を倒すだけのプレイ。
別の2人は、オフグリ(レーダーに感知されない)つけて、サプ(銃撃音がなくなる)装備で、敵陣地をうろついて狩りするだけのプレイ。

残った3人が必死に旗を取ろうとしていましたが、当然だが、それは無理ゲー状態。

さらにその旗にはいらない3人が3人とも、旗を取ろうとする味方を追ってきた敵(つまり我々)を待ち受けて狙い打ち。
がんばって旗にはいろうとした味方を囮にしての、人でなしプレイです。

終わった後、旗にはいらなかった3人のキルレは1以上。
キャプチャー数は、初期旗のひとつだけ。

がんばって旗にはいろうとしていた彼らの味方の戦績は、ぼろくそで、ゲームはぼろ負けでした。

ゲーム終了後、Gさんがぽつり。

「いくらゲームとはいえ、ルール無視して味方を犠牲にして自分の成績上げてって、そういう人ってたぶん、ゲームだからそうだって人じゃないんでしょうね。。。」

「なんていうか、リアルな生活に直接影響ない、自分が誰だかわからない世界だから、むしろその人の本当の部分が出やすいような気がする」

その後しばし、ふたりでこの話題になりました。

私も、Gさんが言ったことは前から感じていて、それはゲームだけじゃなくてオンラインにはありがちなような気がします。

本人が特定されない、顔もわからない名前もわからない世界だから、好き勝手に出来る。
嘘もつけるし、ええ格好しぃも出来る。
自分じゃない自分も作れる。
あるいは、普段は隠している本当の自分を出せる。

バイオの時は、敵はAIだったので、いっしょにやる人がどういう人かというのは、プレイではなく、会話の中で知ることになりますが、よくもまぁそこまでネガティブな事ばかり言えるものだ。。。という人もいたし、成績上げたいといいながらまったく努力もしないでのらりくらりしている人や、気に入らないと怒鳴り散らすような人もいました。

コールは、プレイそのものが対人なので、その人と成りはプレイに出ます。

敵を倒しやすい簡単な武器を使って、努力しないで戦績あげて、キルレを自慢する人。
イモって出てこないでプレイとか、味方を囮にする人。
負けると人のせいにする人。
ルールを無視して、自分の戦績を気にするだけのプレイする人。
味方のサポートをいっさいしない人。

Gさんはそれについて、「実生活だったら、そういうズルイ事とか卑怯なこととか、自分勝手なことをすれば、差しさわりが出るし、人から嫌われる、仕事や友人関係も支障が出る。だから上手に隠したり、うまくやったりしないとならない。でも、そういうのって、本質は変わらないわけだから、実のところは要領よくやってるだけで、実生活でもやっぱりああいうプレイみたいなことしてるんだろうなって思ってしまいます」と言ってました。

いえいえ、実生活でもやっぱりそういう人なんでしょう。
ゲームにかぎってずるくて卑怯なのよ、、、なんて、人間そこまで器用じゃないし、そこまで人格かわりません。

そして実は、PTも、けっこう似た者同士で固まることになります。

以前、ドミネーション上手い人たちだよと紹介されてはいったPT、そこそこには上手な人たちでしたが、そろいもそろって卑怯者でした。
自分たちより弱い相手を選ぶ>戦績である程度わかるので
旗は敵をおびきよせるためのオブジェクト。
暴言甚だしく、相手を馬鹿にする発言ばかり。
挙句に、自分の戦績が悪くなると、味方にも何も言わずに回線抜く人いて、さらには、負けそうになると全員で回線抜き。


そりゃ、戦績もいいだろうさ。

私が今までいっしょにやっていたPTメンバーも、ゴーストになってから明らかに分裂しました。

強い武器を使って、勝ちやすい相手を選んで押し込みプレイ、自分の戦績数字を上げてキルひゃっはー!プレイしたい人たちと、強い相手ともやって、内容の濃いゲームを求め、自己戦績は気にせず、あえて難しい武器を使ったりして自分の技術をあげていきたい人たち。

私はGさんを筆頭とする後者のチームの方にいますが、前者のチームの人たちに言わせると、「さほどに強いわけではもないのに、なんでわざわざ弱い武器とか難しい武器使うの?」になるし、GさんやV君に言わせると「今の戦績だけを見るんじゃなくて、この先にある自分がさらに強いプレイヤーになっていくことを考える」になります。

たかがゲームとはいえ、考え方の違い、意識の違いがはっきりと出る。

もしかしたら、しがらみとか遠慮とかが少ない分、その人と成りの露出度は、実はもっと高い世界なのかもしれないなぁと思ったりしました。


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3945-6260bcab