orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

プロゲーマーが語る力~勝ち続ける意志力



「矢野さんなら興味あると思うよ」と薦められて読んだ本です。

梅原大吾は、ストリートファイターの世界大会で、「背水の逆転激」と呼ばれる名試合をした人です。



これを読みはじめて、とにかくびっくりした事。

それは、CoDのチームメイトGさんがいつも我々に言ってることと、まったく同じだったって事です。
最初、びっくりしすぎて、一瞬目を疑ったほどでした。

梅原大吾もGさんも言ってる、同じ事。

・強いキャラ、強い武器、強い技だけに頼っていては、本当の意味で強くなれない。そういうものに頼って強いプレイヤーになっても、次のゲームになれば白紙になるだけ。技や技術を鍛えれば、それは真の強さにつながる

・もっとも重要なのは精神や考え方

・ただ勝ったゲームには学ぶところは少ない。接戦のゲーム、負けたゲームに学ぶことは多い

・自分を追い込むことが、強さにつながる

ちなみにGさんは、梅原大吾のことはまったく知りませんでした。

ふたりに共通するのは、ある分野で世界を見て、そこでプレイしたことがある事。
その世界で勝つために、自分を追い込んで、研鑽してきた人であること。

“強さ”というのは、そもそも自分がどうあるべきか、なんだなぁと思いました。

タイトルには「仕事術」とありますが、これは仕事に反映できる考え方ではないと思います。
仕事に勝敗持ち込んだら、そもそも失敗しますから。
仕事は勝ち負けではなく、成功を考えるもの。

この本はむしろ、自分がどう生きるか、どうあるべきかを考える時に、大きな起爆剤になる本だと思いました。

正直、梅原大吾の考え方に賛同できても、彼のやり方を踏襲できる人は少ないと思うし、たいていの人は「梅原すげー」で終わってしまうと思います。

ただ、何かをやり遂げようとしている人、あるいは勝負の世界で生きようとしている人には、気合をいれてくれると思いました。

ゲームという世界は、至ってレアでコアで、いわゆる“一般”と呼ばれるものからは遠い世界です。

その中で生きるというのは、それだけでもプレッシャーが大きいし、「自分はこれでいいのか?」って部分を常に問うことにならざるをえなくて、その部分、この本でもきちんと綴られていました。

梅原大吾がプロゲーマーになったのも、彼が選んだ道というよりは、悩み苦しみながらも続けた結果であったというのも知り、そういう部分においても、学ぶ部分の多い本でした。

ただ強い、というプレイヤーは、コールの世界でもたくさんいます。

強い武器に強いアタッチメントをつけ、強くなれる装備を駆使すれば、普通にプレイできるプレイヤーでも、見た目に“強プレイヤー”に、実はけっこう簡単になれます。

しかしそれは、見る人が見れば、「ああ。。。」という感じですぐわかる。

この人、すごいスコアたたき出してるな。。。と思って戦績を見て、装備をみて、そういう底上げをまったく使っていない、むしろ弱いといわれる武器を使っていたり、装備が簡素だったりした時、我々は「この人、強い。猛者だ」と心から賞賛します。

たかがゲームの話ではありますが。

梅原大吾がこの本で語っていることは、真の強さとは何か?というもの、それに対する厳しい姿勢と考え方だと思いました。


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3902-c6dfa850