orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

パシフィックリム絶叫ナイトに行ってきた!!

池袋で、パシフィックリム絶叫ナイト、参加してきました!!

大声で応援しまくり、絶叫していい。。。らしいと聞いていて、そのために音量上げめにしての上映と聞いていましたが、集まる人々は熱苦しいパシリムファンしかいない!!と思っていたら、熱苦しいどころの話じゃなかった。

エレベーター、押したボタン6F見て、いっしょに乗っていた男性陣が「あ。。。」になり、そこにいた全員が目線で「あなたもですか、そうですね、そうですよね」状態に。

そこで私、「本日はどうぞよろしくお願いします、思いっきり盛り上がりましょう」と頭下げて挨拶したら、一斉に「盛り上がりましょう!!」「こちらこそよろしく!!」と、すでにそこから熱いエールの送りあい。

シアター待合室はすでにぎっしり。
年齢も幅広く、男女比率も同じくらい?って感じでした。

当然満席なんだが、パシリムの予告上映からすでにすっごいテンション高く、しかも上映前に「本日は池袋シャッタードームにようこそ」とかいうアナウンスも流れたそうで(私はトイレに並んでいて聞けなかった)、本編始まった途端に、ものすごいことになりました。

合いの手、野次(盛り上がってのもの)、声援、絶叫!!

「いけええぇぇぇぇぇっっっ!!」

「ロケットパーーーンチっっっ!!」

…も当然あった!!

最初、兄弟登場からもうすごい勢いで声援飛び、香港大決戦に至っては会場の一体感ハンパなく、本当に心から、パシリムを愛する人たちとこの時間を共有できたことを神様に感謝するレベルでした。

チェルノの人気はやっぱりすごくて、ロシア夫婦が登場した時の声援もひときわ高く、ファンの私としましても、無茶苦茶うれしかったです。

びっくりなのは、ハンニバル・チャウとマックス(犬)の人気(笑)
とくにハンニバルには、女性からの黄色い声がすごく多かったでした。

こんな特殊な上映会なので、すでに何度も見た人たちばかりかと思ったら、初見の人もけっこういたと知ってちょっとびっくり。

ネット上だと説明がなかったので、知らずに参加しちゃった人いたみたいで、私の左隣の女性たちは、拍手もないし、声もないし、あからさますごい嫌そうな感じで鑑賞してたのがわかったのですが、どうやら声優目当ての鑑賞だったみたいで、そりゃもう、声援とかで吹き替えの声なんか聞こえないからムカついたのは仕方ないのかもしれないが。。。

特別な上映であるってこと、もうちょっと大きく告知しておく必要はあったんじゃないかと思いました。

他にも、「うるさくてまともに鑑賞できなかった」って言ってた人もいたのも見たしな。

右隣に座ってたビジネスマンは、同僚らしき男女3人を連れてきてたんだが、女性ふたりはどうみても初見で、なんか合間に説明求めてたりしてましたが、そのビジネスマンご本人が、恐らく場内でもっともテンション高かった人の中のひとりと思われ、彼女らにドン引きされなかったかと、ひとごとながら心配(笑)

私としましては、左側のテンションの低さに若干、「ないわー」って思ってたので、右側の彼の良い意味でのテンションの高さがとってもありがたく、しかも楽しさ倍増だったのでとてもうれしかったです。

終わった後、声かけて、「あなたのおかげでとっても楽しかったです、ありがとう!」って言ったら、「こちらこそ!!またどこかでいっしょに盛り上がりましょう!!」って応じてくれて、固い握手を交わしました。

そしたら前の席の女の子たちも、「ありがとうございました!!またぜひごいっしょしましょう!!」って。。。

胸熱!!!

上映終了後、みんな立ち上がって拍手、「ありがとう!!お疲れ様でした!!」って大声で互いにエールを送りあうという、ファンならではのイベントで、個人的には「生きててよかった」レベルの感動でした。

こういう時は、ホント、もうハメはずして思いっきり声あげて、拍手して、盛り上がったほうがいいと思うんだ!!

パシリムは、こういう上映会形式がとても合う映画と思いました。

正直これ、もっと大きなアイマックスの劇場でやってほしいです。

そして、デルトロ召還してほしい。
あの人なら来る。
絶対来ると思う。

今回参加して思ったのは、合いの手にも才能必要だなって事。

ネタばれなこと言っちゃうのは、やっぱりだめだと思うし、あからさまシラけるようなことを用意したみたいに言った人が私の席の後ろにいたのもあって、合いの手も難しいなと思いました。

香港戦は、もっと拳あげたかったが、後ろの人が見えなくなっちゃうから我慢した。

とくかくもうホント、参加できてよかったです。
私にとっては特別な夜でありました。

ありがとう!! 同志諸君!!
また会おう!!


…って感じ。



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3895-05c78515