orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

宇宙戦艦ヤマト2199 12話 13話



新しいヤマトでは、ガミラス側の政情や人々の状況などもしっかりと描かれていて、そこが面白いです。

2等市民とかって、あからさまな植民地差別が存在するのも、疲弊した国とそれを憂う人々、人として腐りきった人間が上に指揮者として存在したり、そういう描写によって、ガミラス側の人間にも色々な事情が考えがあって、そのうえで戦いに臨んでいるのがわかる。

そういう描写は、物語に深みを持たせます。

ヤマト側も、一応古代が主人公なわけですが、群像劇になっているので、露出度はさほどに多くないし、物語をになっているというわけでもない。

個性的なキャラがそろっているので、それぞれの動向が見ていて面白いし、それも物語に深みを与えていると思います。

ヤマトは、我々はすっかり知っている物語だし、それこそファンはあきれるほど見てるわけで、それをあらためて見せるのに、飽きさせない、呆れさせないというだけでも、私はすごいと思っています。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3893-1311484e