orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

メタルギアソリッドへの想い

開催中のE3で、メタルギアソリッドの新作のPVが発表されるそうです。

メタルギア、PSPで発売された「ピースウォーカー」で挫折して以後、プレイしていません。

プレイした知人、ゲーム友たちが「いい物語だった」とそろって言っていたので、挫折したPSPの後にPS3で買いなおしてプレイしてみましたが、やっぱりだめでした。

一番の原因は、敵を眠らせてもすぐに起きてしまう。
眠らせても、アイテムゲットするためのアクションすると、それで起きてしまい発見される。
敵陣突破とかの部分も、敵を殺すことはできないし、麻酔の時間も短い>周囲に人がいるせいか?

とりあえず冒頭の潜入までがんばってやりましたが、この部分がどうしてもだめで、完全に積みゲーになりました。
敵を回避して潜入というよりは、パックマンやってる感覚になってしまってどうにもこうにも。
あとは、【出来るだけ敵を殺さないで、見つからずに潜入する】という感じがなくなったため、「要はてきとーにかわしてはいっちゃえばいーんじゃん」になっちゃって、自分では潜入じゃなくなった。

「ライジング」については、「面白そう」と思ってお験し版をやってみたのですが、なかなか面白いなぁと思う反面、「なんかNINJA外伝みたいな感じだなぁ」と思い、やってもいいかな~と思いつつ、結局未だに購入していません。
あの犬みたいなメカキャラにものすごく惹かれてますが。。。>ああいうの大好き

そこで新作の発表。
きっちりチェックしているのに、今回にいたっては、プレイしようという気持ちがまったくない自分にちょっとびっくりしました。

なんで????

……って思って色々考えたら、自分の中では、メタルギアはあのスネークの物語で、スネークの身体が老いて、彼の戦いの人生に幕が引かれたメタルギア4で終わってしまったのかもしれないと気がつきました。

PSの「メタルギアソリッド」は、人生最高に号泣したゲームです。
あきれるほどプレイしました。
初めてプレイした時の衝撃、何度やりなおしても涙なしにはプレイできなかった物語、あれを超えるのは、未だないです。
メタルギア4で、実年齢よりもはるかに早く老いてしまったスネークの、戦うしかなかった人生がそこで終わり、本人が望んだ形ではないにしろ、平穏な日々が訪れたことに、なんともいえない感慨を持ったのはまだまだ記憶に新しい。

そして、スネークを見続けること、スネークの足跡をたどる事が、自分がメタルギアをプレイする意義だったのかもしれないと、ふと気がつきました。

私にとってのスネークは、“あのスネーク”であって、オリジナルのスネークではないし、他の誰でもないんだなーと気がついて、なんかちょっと自分でびっくりしました。

その話を、コール友のV君にしたところ、「結局、同じキャラを使って使いまわす形になってしまっているから、そうなってしまうのもわかる気がします」と言われました。

メタルギアシリーズはしっかりとしたテーマがあり、それは一貫しています。
それが揺らぐことはないと思うし、これから小島プロ、小島監督は素晴らしいゲームを作っていくことになると思います。

ファンなら、何を出されても何があっても絶賛するのが当然だろう!って意見もあると思いますが。

自分が体感したものを、感動したものを、そのままに残したいと思う気持ちも、やっぱりファンだからこそ。。。と思います。

もともと、一度完結した物語を、人気があるからって無理やり続編作るとか、死んだキャラを生き返らせるとかは好きじゃありませんでした。

メタルギアはそういう形にはしていませんが、今の自分、スネークの姿形をした別人の物語をたどる気持ちにはなれてません。
それほどに、スネークへの気持ちが深かったって自分に、ちょっと驚いてるほど。

もしかしたら、ふと、「よし!プレイしてみよう!スネークが生まれる前の、スネークオリジナルの人が次の世代に何を残そうとして、どう戦ったのかを見てみよう!」ってなる時がくるかもしれません。
そうなった時に、今度はビッグボスの戦いをたどるプレイをしてみたいと思います。



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3833-e1d8539d